このページの本文へ移動
  1. ホーム
  2. 関連情報
  3. 創生学部の三つのポリシー(創生学修プログラム)

創生学部の三つのポリシー(創生学修プログラム)

ディプロマ・ポリシー

人材育成目標(卒業生が身に付けるべき資質・能力)

本プログラムでは、多面的で複雑化した社会における課題を抽出し、その解決に必要な知識を獲得でき、分野の異なる他者と協働して、論理的思考と科学的根拠に基づいた課題解決ができる人材の育成を目指しています。
すなわち、この課題解決過程により自己の人材価値を生涯にわたって能動的に高めていくことができる人材、「自己創造型学修者」の育成を目標とします。
所定の授業科目を履修し、126単位以上を修得した者で、人材育成目標に対応して養成する以下の能力を修得した者に、学士(学術)の学位を授与します。

  • 課題を発見し、その解決に向けて主体的に学修する態度・姿勢
  • 課題解決に必要な分析力・論理的思考力
  • 他者と協働できる自己表現力を有し、問題解決をコーディネートする能力
  • 専門領域の知識を有するとともに、多面的な視点から複数分野の知識を選択的に統合し、課題解決の場をデザインする能力

プログラムの到達目標(目標としての学修成果)

知識・理解、当該分野固有の能力、汎用的能力、態度・姿勢

本プログラムが設定するディプロマ・ポリシーに対応して、学士課程全体を通じて学生が自ら到達目標を設定し学修を進めることを原則とします。
設定される到達目標は学生によって異なりますが、ディプロマ・ポリシーで示す「課題解決力」「協調性(コーディネート能力)」「汎用的能力」「態度・姿勢」は、目標設定における共通的な指針となります。
また、「領域学修科目(区分)」については、それぞれの領域学修科目パッケージを提供する主専攻プログラムが提示する目標を考慮して、選択した専門領域の学修に関する到達目標を設定します。
学生が1年次から到達目標を設定し、学修を進めますが、学修の進展に合わせて、担当教員からの助言のもとで到達目標の内容を改善します。

カリキュラム・ポリシー

到達目標に達するための教育課程

カリキュラム編成、学修内容・方法

ディプロマ・ポリシーに示す能力を養成するために、本プログラムでは以下のカリキュラム立案の基本方針とそれに対応する授業科目区分を定めた教育課程を編成しています。

  • リテラシー(複数の領域の見地から物事を「視る力」、異なる環境(状況)に「適応する力」、他者と協働するプロジェクト等を「コーディネートする力」)養成のための汎用的能力・課題解決力を涵養する授業科目を中核に据えている。
    そのために、課題把握・分析・実践(統合)のための「リテラシーコア・課題解決実践科目(区分)」を設けている。
  • 生涯にわたって学び続けることができる主体性とスキルを涵養するために学修に対する動機を高く維持する授業科目を初年次から配置している。
    そのために、学修への動機づけと能動性を高める「導入・転換教育科目(区分)」を設けている。
  • 多面的な視点から学問領域の知識を統合する上で、必要となる専門領域の知識・技能を修得するための領域別授業科目を2年次から4年次に配置している。
    そのために、専門領域の知識・技能を修得するための「領域学修科目(区分)」を設けている。
  • 学生の学士力を総括的に評価し、学修成果の質保証を行うための授業科目を、4年次に配置している。
    そのために、学修成果と学位の質保証のための「学修成果総括科目(区分)」を設けている。
    当該区分の授業科目では、学生がNBASアセスメントシート等をもとに、自らの学修成果を振り返り、確認する。

以上の授業科目(区分)を体系的に配置し、4年間を通じたゼミ・ラボワーク及び上記の各区分の科目等を通じて、学生の主体的選択によって学修をデザインできるカリキュラムを編成しています。

学修成果の評価方法

学修成果の評価については、各科目においてルーブリックを積極的に採用し、特に「学修成果総括科目」において4年間の学修成果の総括的評価を厳格に行っています。

アドミッション・ポリシー

入学者に求める学力と入学者選抜方法

入学者に求める学力

  • 課題探究・解決に関心を持ち、将来のキャリアを自ら見つけることに熱意のある人
  • 基礎的な学力のある人
  • 特定分野にとらわれず幅広い領域に興味関心のある人
  • 他者とのコミュニケーションを積極的に行い、自己表現できる人

選抜方法

一般選抜(前期日程)
  • 大学入学共通テストを課して、知識・技能に関する基礎学力の高さを評価する。
  • 大学入学共通テストでは、5教科7科目を基本とし、理系型では理科2科目+地歴公民1科目、文系型では理科1科目+地歴公民2科目を課す。個別学力検査では、英語を必須科目として課し、国語と数学から1教科を選択科目として課す。
総合型選抜
  • 大学入学共通テストを課して、知識・技能に関する高等学校卒業レベルの基礎学力を評価する。大学入学共通テストでは、外国語と数Ⅰ・数Aを必須とし、理系科目選択型では数Ⅱ・数B及び理科から2科目、文系科目選択型では国語及び地歴公民から2科目を課す。
  • 講義に関する課題レポートと面接を課して、課題探究意欲、表現力、コミュニケーション能力を評価する。講義に関する課題レポートでは、思考力・判断力・表現力を評価する。面接では、出願書類に基づき主体性・多様性・協働性を評価する。