このページの本文へ移動

経済同友会との連携によるインターンシップ成果報告会を開催しました

2016年11月15日 火曜日 トピックス

新潟大学教育・学生支援機構キャリアセンターでは,11月5日(土),「1・2年生対象 長期インターンシップ」プログラムのうち,経済同友会との連携によるインターンシップ(夏期休業期間に3~4週間程度の宿泊・集中型)の成果報告会を開催しました。

本インターンシップは,指示されたことをこなすだけの「就業体験」にとどまらず,実際に業務を任されたり,企業が抱える課題に挑戦したりするなど,社会で活躍する力を身につけることを目的として,夏期休業期間に3~4週間程度の宿泊・集中型で行われる長期のインターンシップ・プログラムで,今年度から初めて実施するものです。
この取り組みでは7名の1・2年生が,経済同友会に加盟するデュポン(株),野村證券(株),富士ゼロックス(株),三菱樹脂(株),(株)三井住友銀行のいずれか1企業にてインターンシップに参加しました。

「1・2年生対象 長期インターンシップ」参加者

この日は,企業関係者や髙橋学長をはじめとした学内教職員,一般学生など約40名の参加者が集まる中,プログラムに参加した7名の1・2年生がプレゼンテーションを行い,実習で経験した業務の内容とそこから得た学び,今後の大学生活での目標について,各自が15分程度で報告しました。

この日の発表に至るまでに,学生は教員とともに自身の学びを深く振り返り,それを聴衆に伝えるためのプレゼンテーションの練習を重ねてきました。その堂々とした発表に対し,会場からは様々な質問が寄せられました。今後の大学生活について,「授業の受け方の意識を変える」「留学の具体的な計画を立てる」「自分の学び・考えを他者と共有し,フィードバックを得る」など,学生各自がそれぞれの経験をふまえた新たな目標を語りました。

「1・2年生対象 長期インターンシップ」成果発表会の様子 インターンシップの成果を発表する学生

 

本件に関するお問合わせ先

新潟大学総務部総務課広報室
電話 025-262-7000
FAX 025-262-6539