このページの本文へ移動

オートファジーが大きなミトコンドリアの一部分を直接引きちぎりながら分解していることを発見しました

2016年12月01日 木曜日 研究成果

本学大学院医歯学総合研究科機能制御学分野の山下俊一助教,神吉智丈教授らは,オートファジーが大きなミトコンドリアの一部分を直接引きちぎりながら分解していることを発見しました。
これまで,大きなパンを一旦小さくちぎってから口に運ぶように,大きなミトコンドリアも小さく分裂してからオートファジーで分解されていると信じられていました。
本研究は,オートファジーがミトコンドリアを分解する既存のモデルをくつがえすだけでなく,オートファジーが大きな物体を分解するときの新たなモデルを提唱することになります。

詳細はこちら(PDF:725KB)

 

本件に関するお問合わせ先

新潟大学総務部総務課広報室
電話 025-262-7000
FAX 025-262-6539