このページの本文へ移動

「準リアルタイム積雪深分布図(全国版・地域版)」を公開しました

2017年12月05日 火曜日 研究成果

本学災害・復興科学研究所では, 2012年度より「準リアルタイム積雪深分布図」を京都大学大学院工学研究科と共同で公開してきました。2017/18年冬季につきましても,12月1日から公開を開始しましたのでご案内いたします。
「準リアルタイム積雪深分布図」は積雪深の面的な広がりを視覚的に把握できる情報です。当サイトでは,「準リアルタイム積雪分布監視システム」で作成された,日本全域の毎日9時の積雪分布状況のほか,前日との積雪深差の分布図を準リアルタイムで配信しています。また,冬季の地域防災の支援として,地域別(北海道・秋田県・新潟県・鳥取県)の詳細積雪深分布図も公開しています。鳥取県版は,2017年1~2月の山陰地方における記録的大雪を受けて,今冬から新たに追加したものです。さらに,2005/06年冬季以降の過去の積雪深分布図をアーカイブの項目で閲覧することができます。
昨年度からは,近年の突発的な大雪による人的被害や交通障害(長時間の立ち往生)等を踏まえて,集中的な大雪を詳細に把握するため,積雪深の1時間データを活用した一定時間間隔(1時間,3時間,6時間)の降雪量分布図も公開しています(全国版,新潟県版,鳥取県版)。

下記リンクよりご活用ください。
「日本および地域別の準リアルタイム積雪深分布図【日本語版】」
「日本および地域別の準リアルタイム積雪深分布図【英語版】」

本件に関するお問合わせ先

新潟大学災害・復興科学研究所 複合・連動災害研究部門
教授 河島 克久
E-mail kawasima(at)cc.niigata-u.ac.jp((at)をアットマークに変えて送信ください。)