このページの本文へ移動

平成29年度ダイバーシティ事業シンポジウムを開催しました

2017年12月28日 木曜日 トピックス

新潟大学は,12月12日(火),「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」の一環として,事業シンポジウム「職場環境のダイバーシティ推進~女性研究開発者の活躍に向けて~」を開催しました。
中央図書館ライブラリーホールにて開催された本シンポジウムには,事業の共同実施機関である株式会社タケショーと学内外の教職員,県内企業から総勢約70人が参加しました。

to291212_1
髙橋学長の開会挨拶の後,芝浦工業大学の國井秀子学長補佐・男女共同参画推進室長から,「女性活躍推進-ポジティブアクションと事例-」というテーマで基調講演が行われました。講演では,芝浦工業大学の取組をはじめ,女性差別撤廃に向けての課題と取組,ポジティブアクションの施策と事例などが紹介され,また,國井氏が社外取締役などを勤める企業の事例などをもとに,女性リーダーを育成するためには上司のジェンダー・リテラシーとコミュニケーションが重要であることなどが示されました。

続いて,本学の小久保美子副学長(ダイバーシティ担当)と株式会社タケショーの田中菜津子取締役から事業全体についての報告があり,さらに本事業における各種支援制度(連携型共同研究支援制度や上位職シャドウイング研修など)の利用者による成果報告も行われました。

本事業は,地域との連携を通じて,ダイバーシティ研究環境を構築・普及することにより,新潟県の女性研究者の研究力の向上と増加に寄与することを目指しています。本シンポジウムは,高等教育機関や企業が連携して職場環境のダイバーシティを推進することの重要性を,改めて認識する好機となりました。

to291212_2 to291212_3

お問い合わせ先

新潟大学 男女共同参画推進室(ダイバーシティ事業担当:西原・鶴若)
TEL/FAX:025-262-7572
E-mail:gender@adm.niigata-u.ac.jp