このページの本文へ移動

大学院医歯学総合研究科の杉山清佳准教授が資生堂女性研究者サイエンスグラントを受賞しました

2018年07月11日 水曜日 研究成果

大学院医歯学総合研究科神経発達学分野の杉山清佳准教授が,第11回資生堂女性研究者サイエンスグラントを受賞し,7月6日(金)には東京都港区で受賞式が行われました。

本グラントは,次世代の指導的役割を担う女性研究者を支援することが科学技術の発展につながるという考えのもと,指導的女性研究者の育成に貢献することを目的としています。昨年までの受賞者約100名のうち半数以上がその後昇進,昇格され,活躍の場をさらに広げました。
対象研究分野は幅広く,自然科学分野全般の研究に従事する女性研究者を対象としており,杉山准教授は応募総数126名の中から10名の受賞者の1人に選ばれました。

杉山准教授の研究テーマは「経験による脳の成長メカニズム:こどもの脳の成長に必要な遺伝子とは?」。子どもの心の発達が脳の回路にどのような影響を与えるか,マウスの実験などを通して解明していくとしています。

 


受賞者ら(杉山准教授:前列左端)

本件に関するお問合わせ先

新潟大学広報室
電話 025-262-7000
FAX 025-262-6539