このページの本文へ移動

音の情報を大脳に運ぶ経路の詳細を明らかにしました

2018年10月10日 水曜日 研究成果

本学脳研究所システム脳生理学分野の塚野浩明助教を中心とする研究グループは、音の情報を大脳の高次聴覚野に伝える新しい経路を発見しました。音の情報を耳から脳に伝える経路(聴覚伝導路)はこれまで一本道で大脳に到達すると考えられてきましたが、実は大脳に入る一つ手前のモザイク状に発達した神経核で立体的に分岐し、その一つ一つが高度に発達した聴覚野の各領域に入ることが分かりました。

本研究結果は、解剖学の教科書に描かれる聴覚伝導路の概念を大きく変えるものです。また、コウモリのようにエコロケーションする動物だけでなくマウスのような一般的な齧歯類も精緻な大脳聴覚野を持つことを示すものです。

詳細はこちら(PDF:1.07MB)

本件に関するお問合せ先

新潟大学総務部総務課広報室
電話 025-262-7000
FAX 025-262-6539