このページの本文へ移動

機械学習により世界最高クラスの熱放射多層膜を設計し、その実証に成功しました

2019年01月23日 水曜日 研究成果

新潟大学は,国立研究開発法人 物質・材料研究機構(NIMS),東京大学,理化学研究所と共同で,機械学習(ベイズ最適化)と熱放射物性計算(電磁波計算)を組み合わせて,世界最高クラスの狭帯域熱放射を実現する多層膜(メタマテリアル)を最適設計し,実験にて実証することに成功しました。これによって高効率な省エネルギーデバイスの実現が期待されます。

詳しくはこちら(PDF:410KB)

本件に関するお問合わせ先

新潟大学広報室
電話 025-262-7000
FAX 025-262-6539