このページの本文へ移動

北極振動と南極振動が同期して変動していることを発見しました

2019年02月21日 木曜日 研究成果

本学理学部の本田明治教授は、三重大学、北海道大学と共同で、北極振動と南極振動が一緒に変動していることを発見しました。
北極振動は日本の寒冬や猛暑を引き起こし、南極振動はオゾンホールと関連しています。本研究は、多発する異常気象が遠い南極と関係を持つことを初めて示唆しました。

詳しくはこちら(PDF:211KB)

本件に関するお問合わせ先

新潟大学広報室
電話 025-262-7000
FAX 025-262-6539