このページの本文へ移動

植物の配偶体を用いた新たな遺伝子機能解析系を開発しました

2019年08月23日 金曜日 研究成果

本学自然科学系(理学部)の西川周一教授、大学院生のDukhyun Hwang、基礎生物学研究所の亀井保博特任准教授らの研究グループは、植物の雌性配偶体(卵細胞をつくる半数体の個体)中で遺伝子の発現を誘導する新たな手法を開発しました。この手法を用いて、植物の生殖過程で観察される細胞核の融合で、SUNタンパク質という進化的に保存された核膜タンパク質が機能していることを初めて明らかにしました。
本研究の成果を足がかりに、これまで不明であった生殖過程の核融合のメカニズムが明らかになると期待されます。

詳しくはこちら(PDF:1.0MB)

本件に関するお問い合わせ先

新潟大学広報室
電話 025-262-7000