このページの本文へ移動

子宮体がんの新たな治療標的を同定しました

2019年09月27日 金曜日 研究成果

本学大学院医歯学総合研究科産科婦人科学分野の榎本隆之教授,石黒竜也助教らの研究グループは,同循環器内科学分野南野徹教授,国立がん研究センター研究所の岡本康司分野長らとの共同研究で,子宮体がん幹細胞の培養に成功し,アルデヒド脱水素酵素の阻害剤および糖取り込み阻害剤が抗がん剤パクリタキセルと協調して,子宮体がんの増殖を抑制することを明らかにしました。本研究結果はCell Press 社の科学雑誌Stem Cell Reportsに掲載されました。

詳しくはこちら(PDF:339KB)

本件に関するお問い合わせ先

新潟大学広報室
電話 025-262-7000