このページの本文へ移動

ダブルホームとNSTとの連携によりサイネージを設置しました

2019年10月07日 月曜日 トピックス

このたび、本学のダブルホームと新潟総合テレビ(NST)の「大好き!にいがた!」キャンペーンとのタイアップの一環として、ダブルホーム活動の様子や大学からのお知らせなどを放映するためのサイネージを、第一学生食堂に設置しました。

4月からのダブルホームとNSTのタイアップでは、これまでNSTによるダブルホーム活動の取材、放映のほか、春の黎明祭、秋の新大祭への参加やダブルホーム参加学生によるNST主催イベントへのブース出展等、様々な場面で行われてきました。

今回は、NSTが実際にニュース番組で使用した映像等を学内でも放映することにより、学生たちにダブルホームをより身近に感じてもらうとともに、地域に根ざした活動を行うという、ダブルホームとの共通点が多い、NSTの「大好き!にいがた!」キャンペーンについても知ってもらうことを目的として、NSTが3台のモニター等の各種機器を本学に貸与し、設置するという形で実現しました。

サイネージは夏期休業中に設置工事を行い、10月1日から運用を開始しました。運用翌日の10月2日には、NSTの大橋武紀代表取締役社長が第一学生食堂を訪れ、髙橋学長らとともに昼食を食べながらサイネージから流れる映像を確認しました。学生たちは、夏期休業前までは無かったサイネージに、最初はほとんど興味を示していませんでしたが、ダブルホーム活動の映像や、新大祭の告知ビデオ等が繰り返し放映されると、次第に映像に見入っていました。

サイネージでは、これらの映像のほか、大学からの各種お知らせや、NSTのニュース番組等を放映しており、今後、学生にとって有用なコンテンツを積極的に流していく予定です。

本学では、今後もNSTとの様々なコラボに取り組み、ダブルホームと「大好き!にいがた!」の活動をさらに推進していきます。


サイネージと告知用ポスター(本学OGのNST真保アナウンサーを起用)

サイネージの確認を兼ねて昼食を共にした大橋社長(右)と髙橋学長

本件に関するお問い合わせ先

学務部学生支援課
電話 025-262-6305