このページの本文へ移動

大学院医歯学総合研究科の土門久哲准教授が第61回歯科基礎医学会学術大会にて学会奨励賞を受賞しました

2019年10月23日 水曜日 研究成果

大学院医歯学総合研究科(歯学系)の土門久哲准教授が,2019年10月13日(日)~14日(月)に行われた第61回歯科基礎医学会学術大会にて学会奨励賞を受賞しました。

本賞は,歯科基礎医学領域に関連した研究論文に対して贈られます。
土門准教授は,2018年4月25日に出版されたFrontiers in Immunology誌において,肺炎球菌による免疫応答抑制メカニズムを発表したことが評価され,今回の受賞に至りました。

【受賞論文】
Neutrophil Elastase Subverts the Immune Response by Cleaving Toll-Like Receptors and Cytokines in Pneumococcal Pneumonia. Front Immunol, 9:732, 2018.
論文URL: https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fimmu.2018.00732/full

授賞式の様子 学会奨励賞を受賞した歯学部の土門久哲准教授

本件に関するお問い合わせ先

広報室
電話 025-262-7000