このページの本文へ移動

「ジャパンビジネスモデル・コンペティション 新潟ラウンド」を開催しました

2019年12月11日 水曜日 トピックス

本学は、南魚沼市や南魚沼市の企業、第四銀行、北越銀行によって組織された「南魚沼市地域産業支援連絡協議会(ICLOVE)」との共催により、「ジャパンビジネスモデル・コンペティション 新潟ラウンド(JBMC‐NIIGATA)」を開催しました。

本事業は、「ジャパンビジネスモデル・コンペティション(JBMC)」の新潟県予選として位置づけられており、優秀チームには2020年3月に東京で開催される全国大会への出場権が与えられます。全国大会の優勝チームは、2020年5月に米国で開催される世界大会「インターナショナルビジネスモデル・コンペティション(IBMC)」に出場できるという世界の舞台にもつながる大会です。

新潟県予選の最終選考は、2019年12月1日(日)、本学五十嵐キャンパスを会場に行われ、県内3大学から7チーム、社会人1チームの計8チームが選考に臨みました。経営学やマーケティングなどの専門知識を生かした実現性の高いプランや、世界大会を意識し英語で全てのプレゼンテーションを行ったチームなど、熱戦が繰り広げられました。

大学教員や経営者らによる厳正な審査の結果、第四北越フィナンシャル・グループ賞には、本学歯学部の学生チームによる本県のものづくり技術を生かしたプラン「健康歯ブラシ」が選ばれ、ICLOVE賞には、同じく本学歯学部の学生チームによる妊婦をターゲットに素材やデザインに拘ったプラン「母から子へ『健康を遺伝』させる歯ブラシ」が選ばれ、この2チームが全国大会への出場権を獲得しました。

本学では、今後も地域との連携による様々な事業を展開し、地域社会の発展に寄与していくこととしています。

「ジャパンビジネスモデル・コンペティション 新潟ラウンド」2020
「健康歯ブラシ」チームのプレゼン
「ジャパンビジネスモデル・コンペティション 新潟ラウンド」2020
「母から子へ『健康を遺伝』させる歯ブラシ」チームのプレゼン
「ジャパンビジネスモデル・コンペティション 新潟ラウンド」2020
第四北越フィナンシャル・グループ賞を受賞した「健康歯ブラシ」チーム
「ジャパンビジネスモデル・コンペティション 新潟ラウンド」2020
ICLOVE賞を受賞した「母から子へ『健康を遺伝』させる歯ブラシ」チーム

本件に関するお問い合わせ先

研究企画推進部産学連携課
025-262-7599