このページの本文へ移動

教育戦略フォーラム「数理・データサイエンス教育の推進について」を開催しました

2020年01月14日 火曜日 トピックス

令和元年12月18日(水)に新潟大学附属図書館ライブラリーホールにて、新潟大学教育戦略フォーラム・全学FD「数理・データサイエンス教育の推進について」を開催しました。

このフォーラムは、本学が2019年度より数理・データサイエンス教育コンソーシアムの協力校になったことを受け、現代社会におけるデータサイエンスの重要性と大学における数理・データサイエンス教育の必要性を周知し教育活動の一層の充実を図るとともに、県内大学の取り組みを紹介することを目的とし開催されたものです。

講師には中部・東海ブロック拠点校の滋賀大学より竹村彰通教授と協力校の長岡技術科学大学より野中尋史准教授をお招きし、本学数理・データサイエンス部門長山田修司を加えた3名にて、数理・データサイエンス教育の全国的な動向と新潟県内協力校の取り組みついて紹介しました。

当日は教育機関・行政組織・民間企業からご参加をいただき、数理・データサイエンス教育の情報を広く共有することができました。

数理・データサイエンス部門では、今後も数理・データサイエンス教育の活性化に向けた活動を行って参ります。

本部門の詳細については教育・学生支援機構コモンリテラシーセンター数理・データサイエンス部門WEBサイトをご覧ください。

髙橋学長による開会あいさつ
髙橋学長による開会あいさつ
講演の様子1(滋賀大学 データサイエンス学部長 竹村彰通氏)
滋賀大学 データサイエンス学部長 竹村彰通氏
講演の様子2(長岡技術科学大学 情報・経営システム工学専攻准教授 野中尋史氏)
長岡技術科学大学 情報・経営システム工学専攻准教授 野中尋史氏
講演の様子3(新潟大学 教育・学生支援機構 コモンリテラシーセンター 数理・データサイエンス部門長 山田修司教授)
教育・学生支援機構コモンリテラシーセンター 数理・データサイエンス部門長 山田修司教授

本件に関するお問い合わせ先

教育・学生支援機構コモンリテラシーセンター 数理・データサイエンス部門
E-Mail mds@ge.niigata-u.ac.jp