このページの本文へ移動

がんの浸潤・転移の重要な新機構を明らかにしました -インテグリンの機能化に必須の新規分子を発見-

2020年02月14日 金曜日 研究成果

本学大学院医歯学総合研究科分子細胞病理学分野の齋藤憲准教授、近藤英作教授らの研究グループは、本学大学院医歯学総合研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野(植木雄志特任助教、堀井新教授ら)および岡山大学大学院医歯薬学総合研究科細胞生物学講座(阪口政清教授ら)との共同研究で、がん転移に関わる革新的な仕組みを明らかにしました。本発見をもとに、がん転移を抑制する今までにない新しい治療法の創出につながることが期待されます。

詳しくはこちら(PDF:951KB)

本件に関するお問い合わせ先

広報室
電話 025-262-7000