このページの本文へ移動

肝がんに対する遺伝子治療法を開発しました -肝がん細胞に毒素遺伝子を発現し、治療効果と安全性を明らかに-

2020年02月21日 金曜日 研究成果

肝がんは様々な肝疾患に発生しうる悪性新生物です。一つの腫瘍の中でも腫瘍細胞の性質が多様であり、十分な治療効果を得るために、新規治療法の開発が続けられています。
本学大学院医歯学総合研究科消化器内科学分野の上村顕也講師、寺井崇二教授らの研究グループは、東京医科歯科大学難治疾患研究所発生再生生物学分野(仁科博史教授ら)、東海大学医学部医学科基礎医学系分子生命科学教室(大塚正人教授ら)との共同研究で、肝がんに対する新しい遺伝子治療法を開発し、その有効性と安全性を明らかにしました。

詳しくはこちら(PDF:420KB)

本件に関するお問い合わせ先

広報室
電話 025-262-7000