このページの本文へ移動

新規抗結核薬デラマニドの抗菌メカニズムの一端を明らかにしました

2020年05月11日 月曜日 研究成果

本学大学院医歯学総合研究科細菌学分野の西山晃史講師、松本壮吉教授らの研究グループは、大塚製薬株式会社(林美佳世研究員、松本真元微生物研究所所長ら)、同大学院自然科学研究科、大阪市立大学医学研究科・刀根山結核研究所との共同研究で、最も新しい抗結核薬の一つであるデラマニド(delamanid, DLM)の抗菌作用においてDLM-NAD付加体の形成が重要であることを明らかにしました。

詳しくはこちら(PDF:380KB)

本件に関するお問い合わせ先

広報室
電話 025-262-7000