このページの本文へ移動

糖鎖関連オミクスデータを網羅的に統合した世界初の糖鎖科学ポータルGlyCosmosを開発しました

2020年06月23日 火曜日 研究成果

本学大学院医歯学総合研究科の奥田修二郎准教授、創価大学理工学部糖鎖生命システム融合センター副センター長の木下聖子教授(研究グループの代表)、公益財団法人野口研究所の山田一作プロジェクトリーダー、国立研究開発法人産業技術総合研究所細胞分子工学研究部門の梶裕之上級主任研究員らで構成される研究グループは、糖鎖科学研究を推進するための糖鎖科学ポータルGlyCosmosを公開し、ゲノミクス、プロテオミクス、疾患やパスウェイなどのオミクスデータを網羅的に統合したポータルを世界で初めて開発しました。
本研究成果は2020年6月22日(英国夏時間)、科学雑誌「Nature Methods」7月号に掲載されました。

詳しくはこちら(PDF:189KB)

本件に関するお問い合わせ先

広報室
電話 025-262-7000