このページの本文へ移動

新しいキメラ抗原受容体を開発しました -1つの人工アンテナで、Tリンパ球が様々な種類のがん細胞や白血病細胞を検知・攻撃-

2020年07月28日 火曜日 研究成果

キメラ抗原受容体(chimeric antigen receptor: CAR)とは、モノクローナル抗体の抗原結合の特性を利用した人工的な細胞受容体(アンテナ)です。リンパ球に遺伝子導入すると、細胞表面の特定のタンパク質を認識することでがん細胞を狙い撃つ能力を与えることができます。今回、本学大学院医歯学総合研究科小児科学分野の笠原靖史特任助教と今井千速准教授(病院教授)らのグループは、ヒトのナチュラルキラー(NK)細胞が元来持っているアンテナ(受容体)の遺伝子を作り替えることにより新しいタイプのCARを開発しました。

詳しくはこちら(PDF:578KB)

本件に関するお問い合わせ先

広報室
電話 025-262-7000