このページの本文へ移動

DEL-1を介したエリスロマイシンの抗炎症メカニズムを解明しました -エリスロマイシンによる肺炎や歯周炎の治療エビデンスを構築-

2020年08月07日 金曜日 研究成果

本学大学院医歯学総合研究科高度口腔機能教育研究センターの前川知樹准教授(新潟大学研究推進機構・研究教授)と前田健康教授および同研究科微生物感染症学分野の寺尾豊教授、歯周診断・再建学分野の多部田康一教授らは、京都薬科大学、米国ペンシルベニア大学、ドイツドレスデン工科大学との国際共同研究において、抗生物質の一つであるマクロライド系抗菌薬・エリスロマイシンが、抗炎症作用をもつDEL-1を誘導し、肺炎と歯周炎を制御することを明らかにしました。

詳しくはこちら(PDF:1,133KB)

本件に関するお問い合わせ先

広報室
電話 025-262-7000