このページの本文へ移動

メカニカルストレスが脳細胞へ与える影響の一端を解明しました

2016年12月08日 木曜日 研究成果

脳研究所の﨑村建司教授が参加する生理学研究所、慶應大学医学部との共同研究グループは、地球の重力や、生体の運動に伴う進展・圧縮刺激など、我々地球上のすべての生物に対し日常的に影響を与える機械刺激(メカニカルストレス)に着目し、脳内のグリア細胞の一種であるオリゴデンドロサイトがメカニカルストレスに応答し、YAPとよばれる因子を活性化し、オリゴデンドロサイトの形態と成熟過程を制御していることを解明しました。

詳細はこちら(PDF:777KB)

本件に関するお問合わせ先

新潟大学総務部総務課広報室
電話 025-262-7000
FAX 025-262-6539