このページの本文へ移動

薬剤性腎症の発症機序とその予防薬を発見しました

2017年01月06日 金曜日 研究成果

本学大学院医歯学総合研究科・機能分子医学寄附講座の斎藤亮彦特任教授を中心とする研究グループは,腎臓に存在するメガリンという分子が腎毒性薬剤を腎臓の細胞に取り込む「入り口」となって腎障害を引き起こす機序と,その機序を抑制する予防薬を明らかにしました。

詳細はこちら(PDF:456KB)
 

本件に関するお問合わせ先

新潟大学総務部総務課広報室
電話 025-262-7000
FAX 025-262-6539