このページの本文へ移動

全学的な休講措置について

本学では,台風・地震等の自然災害による学生みなさんの安全確保のため,授業の休講について,全学的休講措置の申合せを制定しました。

大雨・台風等の自然災害による休講については,新潟市西区又は中央区に気象庁から,大雨・暴風・暴風雪・大雪のいずれかの特別警報が発令された場合は,次のとおり自動的に休講となります。

(1)午前7時の時点で発令中の場合,1限・2限・HTの授業を休講とする。
(2)午前11時の時点で発令中の場合,3限~5限の授業を休講とする。
(3)午後4時の時点で発令中の場合,6限,7限の授業を休講とする。

大雨・台風等の自然災害に関しては原則,特別警報が発令されない場合は,授業を実施します。

気象庁 特別警報について

震度5弱以上の地震,大規模停電等,不測の事態が生じた場合について,授業の実施が不可能となった場合については,学務情報システム,本学HPで授業実施の有無についてお知らせします。

今回,制定した自然災害等に対する全学的休講措置の申合せについては,自然災害等による休講の判断基準を明確にしたものですので,学生のみなさんは必ずご一読願います。

国立大学法人新潟大学における自然災害等に対する全学的休講措置の申合せ

平成29年12月8日
大学教育委員会決定

この申合せは,台風・地震等の自然災害による学生の安全確保のため,授業(定期試験を含む。以下同じ。)の休講に関し,必要な事項を定める。

1.大雨・台風等の自然災害による休講措置
新潟市西区又は中央区に気象庁から,大雨・暴風・暴風雪・大雪のいずれかの特別警報が発令された場合,次のとおり取り扱う。
(1)午前7時の時点で発令中の場合,1限・2限・HTの授業を休講とする。
(2)午前11時の時点で発令中の場合,3限~5限の授業を休講とする。
(3)午後4時の時点で発令中の場合,6限,7限の授業を休講とする。
(4)授業実施時間帯に特別警報が発令され,学生の安全確保のため必要があると学長が判断した場合,その後の授業を休講とする。

2.地震による休講措置
新潟市西区又は中央区に「震度5弱以上」の地震が発生し,キャンパス内の停電,断水,校舎等建物の被害状況等を考慮した結果,授業の実施が不可能と学長が判断した場合,当分の間,授業を休講とする。

3.大規模停電等,不測の事態が生じた場合の休講措置
大規模停電等,不測の事態が生じ,学生の安全確保のため必要があると学長が判断した場合には,授業を休講とする。

4.休講措置の通知
自然災害等による休講については,本学HP及び学務情報システムにより通知する。

5.休講の代替措置
休講措置を講じた授業科目については,補講等により代替措置を行う。

6.その他
休講措置を講じた場合は,原則として,すべての課外活動を禁止する。

附 則
この申合せは,平成29年12月11日から実施する。