このページの本文へ移動

日本学術振興会特別研究員制度・ 外国人研究員招へい制度

 

特別研究員制度 外国人研究員招へい制度

日本学術振興会特別研究員制度

【日本学術振興会特別研究員】

大学院博士課程在学者及び大学院博士課程修了者等で、大学その他の研究機関において研究に専念することを希望する者を特別研究員として採用し、研究奨励金を支給する制度

【海外特別研究員】

我が国の学術の将来を担う国際的視野に富む有能な研究者を養成・確保するため、優れた若手研究者を海外に派遣し、特定の大学等研究機関において長期間研究に専念できるよう支援する制度

2020年度採用分日本学術振興会特別研究員、海外特別研究員の公募について

2020年度採用分日本学術振興会「特別研究員(PD、DC)」 、「特別研究員RPD」 、「海外特別研究員」及び「海外特別研究員RRA」募集が開始されましたので、お知らせします。

新潟大学を通じて申請する予定の方は、日本学術振興会の電子申請システムを利用するための申請者用ID・パスワードを事前に取得する必要があります。本学指定の下記「発行依頼書」を作成し、指定された提出先(受入研究者が所属する部局の特別研究員担当等)へ期限内に提出してください。
本学では申請者IDは年度ごとに新しく発行します。(以前の申請者IDは無効となります)昨年度に取得した場合も、改めて発行依頼書を提出し、取得しなおしてください。

なお、現在、他の機関に在籍している方等で、提出先がわからない場合は、研究推進課研究資金係(kenkyo2(at)adm.niigata-u.ac.jp)へお問合せください。※ __(at)__ は @ に置き換えて下さい。

日本学術振興会電子申請システム(研究者養成事業)申請者用ID・パスワード発行依頼書(新潟大学)

※ID・パスワードの発行は随時行いますが、期日まで余裕をもって申請してください。
※発行依頼書の様式は、「日本学術振興会特別研究員」および「海外特別研究員」とも共通ですが、提出期限は異なりますので、ご留意ください。

【海外特別研究員】【海外特別研究員‐RRA】… 学内締切 2019年4月26日(金)14:00【厳守】

海外特別研究員

  •  2020年度採用分・募集要項等はこちら

海外特別研究員‐RRA

  •  2020年度採用分・募集要項等はこちら

【2019年度採用分(第2回)・若手研究者海外挑戦プログラム】… 学内締切 2019年5月14日(火)14:00【厳守】

  •  2020年度採用分・募集要項等はこちら

【日本学術振興会特別研究員】… 学内締切 2019年5月27日(月)16:00【厳守】

  •  2020年度採用分日本学術振興会特別研究員(PD、DC)・募集要項等はこちら

【日本学術振興会特別研究員-RPD】… 学内締切 2019年4月26日(金)14:00【厳守】 

  •  2020年度採用分日本学術振興会特別研究員-RPD・募集要項等はこちら

 

外国人研究員・外国人招へい制度及び公募について

【公募について】

・日本学術振興会より通知

1.    ID・パスワードの取得

外国人研究者招へい事業をはじめとする日本学術振興会が実施する国際交流事業に応募する際は、電子申請システムを利用して応募するため、ID・パスワードが必要です。
ID・パスワードの発行を希望する場合は、氏名(漢字・ローマ字表記)、部局名、研究室等電話番号を、研究推進課研究資金係(kenkyo2(at)adm.niigata-u.ac.jp)へ送付願います。
※ __(at)__ は @ に置き換えて下さい。

なお、下記に記載の国際交流事業に応募する場合のID・パスワードはすべて共通です。すでにほかの国際交流授業に応募する際にID・パスワードを取得している場合には再取得する必要はありません。

2.    応募書類の作成および提出

  •  電子申請システム(国際交流事業用)はこちら
  •  募集要項等はこちら

【外国人特別研究員】 外国人特別研究員(一般・欧米短期)【学内通知はこちら】(PDF:15KB)

 諸外国の若手研究者に対し、我が国の大学等において日本側受入研究者の指導のもとに共同して研究に従事する機会を提供する事業。

◆ 外国人特別研究員(一般)
博士号取得直後の外国人若手研究者を最大2年間日本の大学等に受け入れる事業

◆ 外国人特別研究員(欧米短期)
欧米諸国から博士号取得前後の若手研究者を比較的短期間日本の大学等に受け入れる事業

【外国人研究者招へい事業】 外国人特別招へい事業(長期・短期)【学内通知はこちら】(PDF:14KB)

諸外国の若手研究者に対し、我が国の大学等において日本側受入研究者の指導のもとに共同して研究に従事する機会を提供する事業

◆ 外国人招へい研究者(長期)
中堅から教授級の外国人研究者を比較的長い期間招へいし、日本の研究者と協力して研究を行う機会を提供することを目的とする

◆ 外国人招へい研究者(短期)
中堅以上(教授級)の外国人研究者を短期間招へいし、日本の研究者との討議・意見交換・講演等を通じて関係分野の研究の発展に寄与することを目的とする

◆ 外国人招へい研究者(短期S) ※令和2年応募分の新規応募は停止
ノーベル賞級の特段に優れた業績及び受賞歴を持ち、当該分野で現在も指導的立場にある海外の研究者を日本に招へいし、講演、研究指導を行う機会を提供することを目的とする

【論文博士号取得希望者に対する支援事業】

アジア・アフリカ諸国の優れた研究者が、日本の大学において大学院の課程によらず論文提出によって博士の学位を取得できるように支援するプログラム。学位取得のために必要な経済的支援を継続的に行うことにより、アジア・アフリカ諸国全体の学術研究水準が向上し、また、アジア・アフリカ諸国と我が国との学術交流関係がさらに発展することを目的とする

    論文博士号取得希望者に対する支援事業の公募について

  •  募集要項のダウンロードはこちら