このページの本文へ移動

遺伝子組換え実験に関する法令等

法令等

法令改正等の経過

平成16年文部科学省告示第7号の改正が施行されました

平成26年7月1日より、「研究開発等に係る遺伝子組換え生物等の第二種使用等に当たって執るべき拡散防止措置等を定める省令の規定に基づき認定宿主ベクター系等を定める件(平成16年文部科学省告示第7号)」の改正が施行されました。

組換えDNA実験指針が法制化されました

2004年2月19日、生物の多様性に関する条約「バイオセーフティに関するカルタヘナ議定書」が我が国に対し発効し、議定書の実施に必要な法律が 同日(2004/2/19)施行されました。いままでの「組換えDNA実験指針」は廃止され、今後は、法律の下の省令等に基づき管理されることになります。(詳細については次の項目をご覧ください。)

学内規則

遺伝子組換え実験に関する手続き等についてはこちらをご覧ください。(学内専用)

担当窓口

研究企画推進部研究推進課
TEL:025-262-7571
E-mail:idenshikumikae@adm.niigata-u.ac.jp