このページの本文へ移動

保健学研究科(博士前期課程)保健学専攻の三つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

人材育成目標(修了生が身につけるべき資質・能力)

博士前期課程共通

  1. 高度専門知識・技術を持つ人材の育成
    高度の専門知識と技術を持ち,創造的かつ科学的思考に基づいて自立した行動が可能で,総合的・包括的な視点から保健医療に携わることができる高度専門医療職者を育成する。
  2. 管理実践能力を持ち指導的立場に立てる人材の育成
    チーム医療が主流となっている近代医療にあって,各人が所属する職域だけでなく,チーム全体での意志決定に積極的に参加し,優れた指導力が発揮できる人材を育成する。
  3. 国際協力に携わる人材の育成
    国際的視野を持ち,異文化を理解し,保健医療学の各領域において国際共同活動や研究に参加できる人材,並びに,開発途上国においての地域保健医療に携われる人材の育成をはかる。
  4. 教育・研究者への素地の育成
    博士前期課程の修了生が,博士後期課程に進学することを視野に入れて,教育研究者への道を歩もうとする学生に対しては,その素地を育む教育指導を行う。

看護学分野

  1. 高度な専門的知識と技術を持ち,看護理論の追求とそれに対応した看護実践ができる人材を育成する。また,日本看護協会が認定する専門看護師(慢性看護・遺伝看護・がん看護・地域看護)の育成をする。
  2. 看護管理者としてリーダーシップが発揮できる人材を育成する。
  3. 地域や集団に対して疾患予防や健康増進などの看護保健活動を指導的に行える人材を育成する。
  4. 国際的な保健看護活動の協調・協力事業で活躍でき,開発途上国の保健医療の発展に寄与できる人材を育成する。
  5. 新しい知識や技術を修得し,創造的な研究を行うことにより,実践の場を活性化し,指導的な役割を担うことができる能力を開発する。
  6. 看護学の学問体系の確立と実践に基づく研究分野の開拓を目指し,教育研究者への道を歩みうる人材を育成する。

放射線技術科学分野

  1. 放射線技術科学領域全般の知識を深めるとともに,特定の専門知識,技術を有する専門医療職者を育成する。
  2. 実践医療現場において中心的な役割を果たし,疾病予防,診断及び治療に貢献できる人材を育成する。
  3. 放射線医療技術学の分野における国際的な視点を育み,医療のグローバル化にともなって生じる種々の問題点を明らかにできる人材を育成する。
  4. 新しい知識や技術を習得し,創造的な研究を行うことにより,実践の場を活性化し,指導的な役割を担えることができる能力を開発する。
  5. 放射線技術科学の学問体系の確立と先端医療診断機器開発への貢献に熱意を持ち,教育研究者への道を歩もうとする人材を育成する。

検査技術科学分野

  1. 検査機器の改良と発達は分析精度を高めると共に検体の微量化をもたらし,検体や機器の取り扱いには極めて高度な技術が要求されるようになっている。このような新世代の機器にも対応できる技術と幅広い知識を備えた高度専門医療職者を育成する。
  2. 先進的医療の一翼を担うことのできる最新の知識と技術を身につけた人材の育成並びに,検査技術を発展させ,環境検査,薬品・食品管理等の分野で指導的役割を果たしうる人材を育成する。
  3. 検査診断学の分野における国際的な視点を育むとともに,医療のグローバリゼーションにともなって生じる種々の問題点を明らかにできる人材を育成する。
  4. 新しい知識や技術を修得し,創造的な研究を行うことにより,実践の場を活性化し,指導的な役割が担えることができる能力を開発する。
  5. 生体情報検査科学領域の学問体系確立と新たな検査技術並びに医療機器開発に熱意をもち,教育研究者への道を歩もうとする人材を育成する。

到達目標(目標としての学修成果)

(1)知識・理解

看護学分野
  • 専門領域をより深く理解できるための高度な専門知識を修得できる。
  • 専門領域と密接に関連する他領域の専門知識を包括的・多角的に理解できる。
放射線技術科学分野
  • 放射線技術科学領域全般の知識及び,特定の専門知識,技術を習得できる。
  • 実践医療現場における,疾病予防,診断及び治療に関する知識を習得できる。
  • 放射線医療技術学の分野における国際的な視点を有し,医療のグローバル化にともなって生じる種々の問題点を習得できる。
  • 新しい知識をもとに,創造的な研究を行う技術を習得できる。
検査技術科学分野
  • 生体機能科学における各分野の高度な専門知識を修得できる。
  • 病態と細胞レベル・分子レベルにおける事象との関連について理解できる。
  • 異分野の研究領域への関心を持ち理解できる。

(2)当該分野固有の能力

看護学分野
  • 臨床・地域保健医療活動の場において,根拠をもって看護を実践できる。
  • 臨床・地域保健医療活動の場において,問題の本質を見抜き,倫理的・科学的に分析し解決できる。
  • 保健・医療・福祉の教育機関において,教育・研究を実践できる。
放射線技術科学分野
  • 放射線技術科学領域全般の知識及び,特定の専門知識,技術を習得できる。
  • 実践医療現場において中心的な役割を果たし,疾病予防,診断及び治療に貢献できる。
  • 放射線医療技術学の分野における国際的な視点を有し,医療のグローバル化にともなって生じる種々の問題点を明らかにできる。
  • 新しい知識をもとに,創造的な研究を行うことにより,実践の場を活性化し,指導的な役割を担えることができる。
検査技術科学分野
  • 専門分野における高度な知識と技術を修得できる。
  • 専門分野における高度な知識や技術をもとに,生体成分の新たな機能解析や検査技術開発に向けた研究に取り組むことができる。

(3)汎用的能力

看護学分野
  • 様々な状況において,自己管理,協働,プレゼンテーションができる能力を身に付ける。
  • 応用科学である看護学を通して,他領域の専門職者と連携して保健医療の発展に寄与することができる。
放射線技術科学分野
  • 論理的な思考力,問題解決能力を身に付ける。
  • 国際社会で活躍できるコミュニケーション能力を身に付ける。
  • 医療における倫理と責任を強く自覚した保健医療分野のリーダーとしての能力を身に付ける。
検査技術科学分野
  • 論理的な思考力,問題解決能力を身に付ける。
  • 国際社会で活躍できるコミュニケーション能力を身に付ける。
  • 医療における倫理と責任を強く自覚した保健医療分野のリーダーとしての能力を身に付ける。

(4)態度・姿勢

看護学分野
  • 対象者の権利を尊重し,個人情報を秘守する。
  • 多職種と十分に意思疎通をはかり,連携できる。
  • 傾聴や対話を通して対象と共感的なコミュニケーションを行う。
  • 課題に対して主体的,客観的,創造的に取り組む。
  • 新しい知識や技術を学び看護を探求し続ける。
放射線技術科学分野
  • 新しい知識や技術を学び探究することができる。
  • 責任感をもって医療を実践できる。
  • 医療の向上のための実践への情熱をもつ。
  • 医学・医療技術の進歩に寄与することへの情熱をもつ。
  • 対象者の権利を理解し,尊重できる。
検査技術科学分野
  • 被験者や他の医療職者と十分な意思疎通ができる。
  • スタンダードプリコーション(標準感染予防策)の基礎が身に付いている。
  • 実験・実習のデータの保守や個人情報の秘守ができる。

カリキュラム・ポリシー

カリキュラム編成,学修内容・方法と学修成果の評価方法

研究科共通科目

看護学分野,放射線技術科学分野,検査技術科学分野の各分野で指導的な役割を果たすことができる高度医療専門職者や国際的にも活躍できる能力を有する医療職者を育成することを3分野共通の目標の1つとしている。このような人材育成のたためには,幅広い知識を持ち,柔軟かつ総合的な判断ができる能力を育むことが必要であり,専門分野での研究課題を探求する上での有用性をも考え合わせ,「リサーチ・メソッズ・ベーシック」,「国際医療保健学概論」,「医療情報統計科学」,「応用数理解析学概論」,「病態解析学概論」,「臨床医療心理学」の6科目を専攻共通科目として開講し,内1科目を選択必修としている。

各分野における教育課程

看護学分野

各専門の学域に共通し,かつ専門的研究を進めていく上で有用な基礎教育科目として看護倫理学,医療ナラトロジー,看護教育,看護研究,看護理論を開講している。
各専門領域は,基礎看護学,地域看護学,国際看護学,成人・老年看護学,がん看護学,小児看護学,母性看護学,精神看護学,遺伝看護学で構成されている。共通する教育方針は科学的根拠に基づく看護の知識・技術を患者支援や看護介入に応用・展開する実践的研究,多様な場における援助技術の開発,人間理解に焦点を当てた看護研究を行うことである。
各学域ではこの方針に沿って特論を開講し,基本的事項や最新の知見等を教授する。特論での講義内容について,演習・実習をとおしてその理解を深め,更に各自に設定されたテーマに関して個別に研究指導をする。
また,日本看護系大学協議会の認定した高度実践看護師教育課程として慢性看護,がん看護,地域看護,遺伝看護の専門看護師教育課程を設置している。

放射線技術科学分野

放射線技術科学分野共通科目として,医学物理学概論と医用放射線科学概論及び国際放射線医療科学概論を開講する。
放射線技術科学分野専門科目として,放射線科学の基礎となる理工学を基盤とした放射線物質科学特論及び医用放射線機器科学特論を開講し,放射線機器等で使用する素材の材料物性評価,診断機器装置の全体構造と原理,及び機器の特性評価と品質管理・保証等について広範囲の専門教育を行う。併せて,放射性薬品化学・管理学特論及び生体構造機能解析工学特論等を開講し,臨床診断に用いられる放射性薬剤の製造方法や放射線の生体への影響及び放射線管理に関する考え方,並びに医療診断装置による生体構造と機能に関する「人間医工学」的解析について教育する。
また,疾病の予防・診断・治療に役立つ専門科目として,医用画像情報学特論や核医学情報学特論を開講し,CT,MRI,超音波などの検査装置で得られる各種の画像情報の成り立ち,処理,特徴,解析や,放射性同位元素を用いたSPECT,PETなどによる生体情報の取得法やその定量的評価法について教育する。併せて,臨床画像医学特論を開講して,各画像検査における解剖学・疾患の所見と臨床像並びに病理形態像との関係等について講義する。更に,放射線腫瘍学特論を開講して,半自動化が進んでいる照射計画システム等を駆使して個々の患者に最適な治療を実現する方法について教育する。
加えて,これらの講義内容を基盤とした演習を通してその応用と実践を教授し,更に保健学特別研究(放射線技術科学)において各自が設定したテーマに関して個別研究指導する。
また,医学物理士養成コースを設置し,一般財団法人医学物理士認定機構が認定する医学物理士を養成する。

検査技術科学分野

国際的視点から検査診断学を俯瞰できることを目的とし,検査技術科学分野共通科目として,基礎生体情報検査科学論と臨床生体情報検査科学論及び国際病態検査科学概論を開講し,基礎から臨床分野に至る広い範囲の最新知見を教授する。
ゲノム検査分子生物学特論では,ゲノム変異に関連する技術と理論を,生体情報解析学特論では,生体機能調節機構から特定の情報を引き出す手段と理論をプロテオーム解析も含めて,それぞれ教授する。また,病原微生物解析学特論では,細菌並びにウイルスの有する遺伝子情報と病原性との関係を教授する。病態病理検査学特論では,腫瘍の細胞・組織レベルでの診断に加えて組織多様性や人種間異同の分子病理学的解析について教授する。病態生理機能学特論においては,超音波検査装置や心電計等を用いての病態生理検査について教授する。血液・腫瘍検査学特論では,末梢血並びに骨髄についての先端的検査を解説した上で,白血病・リンパ腫等の腫瘍発症機構及び抗腫瘍免疫反応などに関連する検査・研究手技を教授する。免疫病態検査学特論では,腎疾患における検査手技並びに腎疾患成立の免疫学的機序について教授する。これらの特論での講義内容を基盤として,実習においてその応用と実践を教授し,更に特別研究において,各自に設定されたテーマに関して個別研究指導する。

学修成果の評価方法

レポートなどの課題,研究報告書,教員との質疑応答,試験等により評価する。
学位論文の審査及び最終試験については,学位論文審査基準に基づき,論文の口頭発表後,審査委員による最終試験を行う。

アドミッション・ポリシー

入学者に求める資質・能力と入学者選抜方法

(1)入学者に求める資質・能力(求める学生像)

  • 看護学,放射線技術科学並びに検査技術科学それぞれの分野における学問体系の確立と技術の開発に積極的に取り組む意志のある人。
  • 保健学専攻の教育を受けるための基礎学力を持ち,修士課程において幅広い学識と専門領域に関する研究能力を修得する意志のある人。
  • 保健医療において指導的・専門的立場から実務を遂行又は医療専門職者の養成に貢献し,自立的な研究を併行して行う資質を修得する意志のある人。
  • 国際的な視野を持ち,文化,社会,人間の多様性を認めあうことができるとともに,自ら新たな道を切り開く意志のある人。

(2)選抜方法

大学院修士課程の学習に必要なバランスのとれた十分な基礎学力に加え,専門分野に関連する科目に対する高い意欲と適性を持つ人を選抜します。

  • 一般入試及び社会人特別入試では外国語(英語)を課し,語学力に加え論理的思考力・表現力等を評価します。
  • 一般入試,社会人特別入試及び私費外国人留学生特別入試では専門科目を課し,出願書類と共に専門分野に関連する知識・技能等を評価します。
  • 一般入試,社会人特別入試及び私費外国人留学生特別入試では小論文を課し,保健,医療,一般に関する基礎知識及び思考力を評価します。
  • 一般入試,社会人特別入試及び私費外国人留学生特別入試では面接を課し,思考力・判断力・表現力並びに主体性・多様性・協働性等を評価します。