このページの本文へ移動

インド理科大学院大学(IISc)と大学間交流協定を締結しました

2018年09月13日 木曜日 トピックス

本学は9月3日(月),インド理科大学院大学(Indian Institute of Science:IISc)と大学間協定を締結しました。

1909年設立のIIScはベンガルールに所在する国立大学であり,インド政府機関National Institutional Ranking Framework(NIRF)の発表するインド工学系大学ランキングで過去3年間第1位を獲得するなど、国内トップレベルの理工系教育研究機関として知られています。

本学理学部及び大学院自然科学研究科では,インドの複数大学との交流を通じた「グローバルフィールド科学人材」の育成に取り組んでいます。
このたびの大学間協定は,IISc地球科学センターのSajeev Krishnan博士と本学理学部Satish Kumar教授との25年以上にわたる共同研究をベースとして,更に幅広い分野での研究・学生交流を目指し締結されたものです。


プレゼンテーションを行う髙橋学長

協定書を手にする髙橋学長とIIScの V. Rajarajan事務局長(Registrar)

9月3日(月)に現地で行われた協定調印式には,本学から髙橋姿学長,Satish教授らが出席し,IIScからはRahul Pandit 教授(学長代理),Rudra Pratap副学長(Deputy Director)や関係役職員の他,在ベンガルール日本総領事館の北川隆行総領事にもご臨席をいただきました。式では両大学のプレゼンテーションが行われた後,和やかな雰囲気の中で調印が行われ,今後の連携が確認されました。

本学では今後とも,環東アジア構想の一環としてインドとの学術・学生交流を拡大していきます。

本件に関するお問合わせ先

新潟大学学務部留学交流推進課
電話 025-262-6935
FAX 025-262-7519