このページの本文へ移動

留学生ら本学学生が大学近隣の自治会の防災訓練に参加しました

2019年06月07日 金曜日 トピックス

本学は,地域に根差した大学として安心・安全な地域づくりに協力しており,その取組の一環として,6月2日(日)に五十嵐キャンパスで行われた大学近隣の自治会の防災訓練に協力し,本学学生・教職員が訓練に参加しました。

当日は,自治会関係者,本学学生・教職員,新潟市職員ら約170名が訓練に参加し,災害時の避難場所までの経路確認や煙体験訓練,AED講習,応急処置など,災害時を想定した訓練を行いました。

本学からは,新潟市との連携により,留学生の防災意識の向上及び地域住民との交流を目的に13名の留学生が訓練に参加しました。当日参加の留学生からは「煙体験ハウスの中は真っ白で全く前が見えず,びっくりした。」,「AEDの使い方や応急処置など,自分の国ではなかなか経験できないことを学ぶことができた。」などの声が聞かれ,防災に対する意識が高まったとともに,地域住民と一緒に訓練を行うことを通じて,より地域との関係が深まった様子がうかがえました。

本学では,今後も様々な機会を通じて,地域社会との連携を深めていくこととしています。

お問い合わせ先

新潟大学研究企画推進部産学連携課
TEL 025-262-6375