このページの本文へ移動

大学院医歯学総合研究科と十日町市が寄附講座の新設に伴い協定書締結式を行いました

2019年10月11日 金曜日 トピックス

本学大学院医歯学総合研究科と十日町市は、2019年10月1日(火)に十日町市役所にて寄附講座(十日町いきいきエイジング講座)の設置に伴う協定書の締結式を行いました。本講座は、高齢化が進みリソースやアクセスの面で不利な中山間地である十日町市において、地域医療・地域包括ケアを充実させ、市民が安心して満足な老後を送れるように、医療福祉総合センターを拠点とした「出向くケアと医療」の仕組み作りに尽力するため設置されたものです。

髙橋学長は、「データを作り上げて、実践していく場所をいただきました。医療人だけでなく行政人も含めて進んでいく必要があります。だからこそ本学も色んな形で支援をしていかなくてはならないと考えております。」と述べ、今後の抱負を語りました。

今後は、国際連合が主導するSDGsの「誰も置き去りにしない」の理念に基づき、十日町市に限らず発展途上国の高齢者の健康と生活の質の向上のために、調査研究を進め、世界の高齢化対策に資するエビデンスを発信し、社会への貢献を目指します。

医歯学総合研究科十日町市寄附講座新設協定書締結式
締結した協定書を掲げて(左:髙橋学長、右:関口十日町市長)
医歯学総合研究科十日町市寄附講座新設協定書締結式
新潟大学関係者と十日町市関係者

本件に関するお問い合わせ先

医歯学系総務課庶務係
電話 025-227-2003