このページの本文へ移動

令和元年度日本学術振興会審査員表彰式を行いました

2019年12月17日 火曜日 研究成果

特別研究員事業及び国際交流事業の審査において、有意義な審査意見を付した専門委員等として、本学教員2名が独立行政法人日本学術振興会から表彰され、12月13日(金)に、髙橋学長から表彰状が手渡されました。
日本学術振興会では、特別研究員事業等の審査の質を高めるため、審査終了後、審査の検証を行い、その結果を翌年度の専門委員及び書面審査員の選考に適切に反映させています。
検証結果に基づき、書面審査において有意義な審査意見を付した専門委員等を選考し表彰することとしており、今年度は約1,500名の専門委員等うち、表彰対象の2年目に当たる約600名の中から109名が選ばれ、本学からは以下の研究者2名が表彰対象者として選考されました。

西川 周一 教授(理学部)
山村 健介 教授(歯学部)

表彰された山村健介教授(中央左)と西川周一教授(中央右)

本件に関するお問合わせ先

研究企画推進部研究推進課
電話 025-262-5642