このページの本文へ移動
新潟大学データ集

教職員数

教職員の職種・員数(2023年5月1日現在)

単位:人

所属組織等 役員 教員 事務系・
技術系・
医療系職員
教授 准教授 講師 助教 助手 教諭
学長・監事・理事 9                
監査室                 3
事務局               215(18)
人文社会科学系事務部               53
自然科学系事務部               46
医歯学系事務部               43(3)
教育研究院 人文社会科学系 91(2) 114(1) 7 16 6(1)   234(4)  
自然科学系 100 107(3) 1(1) 48(6) (3)   256(13) (3)
医歯学系 82(1) 72(5) 13(5) 115(17) (45)   282(73)  
教育学部               5
理学部               7
医学部               15(1)
歯学部               1
工学部               36(2)
農学部               9
大学院自然科学研究科         (2)   (2) (2)
大学院医歯学総合研究科 (7) (18) (2) (24) (17)   (68)  
大学院保健学研究科       (2)     (2)  
医歯学総合病院 4(26) 14(6) 44(11) 158(52) (1)   220(96) 955(235)
附属学校園           114 114  
脳研究所 10 16(2)   21(6) (27)   47(35) 9(2)
災害・復興科学研究所 3 3(1)         6(1) 1
佐渡自然共生科学センター 3 6   1(2) (1)
  10(3) 3
日本酒学センター (1)     (5)     (6) (1)
ビッグデータアクティベーション研究センター   (1)         (1)  
教育基盤機構 (2) 18(2)   1     19(4) (10)
大学院教育支援機構 (1)     (2)     (3)  
研究統括機構   3(1)   (3)     3(4) 2(3)
社会連携推進機構 2(3) 1         3(3) (4)
DX推進機構 (1)           (1) 1(4)
経営戦略本部   3         3 5(3)
危機管理本部 2 (1)         2(1)  
保健管理・環境安全本部 1 1(1) 3       5(1) 3
合計 9 298(45) 358(42) 68(19) 360(119) 6(97) 114 1,204(322) 1,412(291)
総合計 2,625(613)

注 特定有期雇用の特任教員等及び看護職員等は、( )により外数にて区分した。

教職員の年齢構成

教職員の年齢構成

年齢 人数
20代以下 329
30代 735
40代 788
50代 591
60代以上 182
総計 2,625

教員の年齢構成

年齢 人数
20代以下 9
30代 227
40代 382
50代 328
60代以上 144
総計 1,090

女性教員数・割合

所属組織等 2019年5月1日 2020年5月1日 2021年5月1日 2022年5月1日 2023年5月1日
人文社会科学系 53
(21.9)
50
(21.1)
51
(22.4)
56
(24.2)
59
(25.2)
自然科学系 15
(5.8)
19
(7.4)
23
(9.1)
22
(8.7)
25
(9.8)
医歯学系 62
(22.0)
65
(23.3)
71
(25.6)
78
(27.3)
79
(28.0)
医歯学総合病院 21
(13.6)
40
(18.2)
39
(19.6)
40
(19.0)
43
(19.5)
附置研究所 7
(15.2)
8
(17.7)
9
(18.8)
10
(19.2)
12
(22.6)
その他 18
(28.6)
20
(30.7)
17
(30.4)
13
(27.7)
16
(35.6)
合計 176
(16.8)
202
(18.4)
210
(19.8)
219
(20.3)
234
(21.5)

※上段:人数、下段:割合

管理職に占める女性比率(2023年5月1日時点)

  女性比率
管理職 18.11%

人事給与マネジメント改革

目指すべき理想の年代構成の実現について

本学では、教育研究の活力を維持し、さらに進展させ、持続可能な研究体制を構築することを目指して、年齢や職位の構成等の偏りによる組織の硬直化を避けるために、人事給与マネジメント改革の一環として、理想の年代構成の目標値を設定することとしました。
今後は、目標実現に向け必要な人事給与施策を継続的に実施し、人事配置・人材育成を計画的かつ戦略的に行っていきます。

目指すべき理想の年代構成の実現について