このページの本文へ移動

研究倫理教育について

本学では、研究活動の不正行為を未然に防ぐため、「新潟大学における研究倫理教育の実施に関する要項」を定め以下のとおり研究倫理教育を行っています。研究に従事する研究者等には研究者共通教育を実施し、必要に応じて研究分野等の特性に合った分野別教育を実施します。また、学生については学年等に応じた研究倫理教育を実施し、大学院生にはさらに研究者共通教育を実施しています。

研究者共通教育

研究者共通教育として、研究者等に求められる倫理規範を十分に修得でき、研究分野によらない共通のものとして下記の教材を用意し、いずれかを受講又は通読するものとしています。
なお、部局により教材や受講コースが指定されている場合がありますので、所属部局の担当窓口までご確認ください。

責任ある研究行為基本編(RCR)基本コース(必須) 責任ある研究行為基本編(RCR)
基本コース(必須)
〈一般財団法人公正研究推進協会〉
各単元の最後に実施されるテストで80点以上獲得することで修了となります。
修了後は受講修了証を研究倫理教育責任者に提出してください。
日本学術振興会
研究倫理 eラーニング
e-learning Course of Research「eL CoRE」
〈日本学術振興会〉
各章毎に実施されるテストに全問正解することで修了となります。
修了後は受講修了証を研究倫理教育責任者に提出してください。
「科学の健全な発展のために」―誠実な科学者の心得― 「科学の健全な発展のために」
―誠実な科学者の心得―
〈日本学術振興会〉
「科学の健全な発展のために―誠実な科学者の心得―」を通読したあと、
その旨を研究倫理教育責任者に報告し、研究倫理教育責任者が確認を行うことで修了となります。

受講対象者

● 受講義務者 (受講を必須とする者)

  • 大学教育職員(特任教員、短時間勤務の特任教員含む。)
  • 教室系技術職員・医療系技術職員のうち研究活動又は研究活動補助を行う者
  • 非常勤職員のうち研究活動又は研究活動補助を行う者
  • 上記以外の者で、本学において国又は独立行政法人から配分される競争的資金へ申請する者
  • 日本学術振興会特別研究員のうちPD、SPD、RPD及び外国人特別研究員の身分の者
  • 大学院生
  • その他、研究担当理事が必要と認めた者

● 受講推奨者 (受講を推奨する者)

  • 共同研究等により本学において一定期間研究活動を行う学外者
  • 学部学生
  • 不正行為に係る申立窓口責任者
  • 研究支援関係部署の事務職員
  • その他、研究担当理事が必要と認めた者

受講時期

受講時期の図

  • 採用の日が年度末に近い場合には着任後速やかに受講するようにしてください。
  • その他特別な事由により受講が完了できない場合には、特別な事由が終了したあと速やかに受講するようにしてください。

※ 前職等において受講し、次のいずれかに該当する場合は受講を免除することができます。

  • 採用前又は入学前にCITI Japan(現:APRIN)が作成した「責任ある研究行為基盤編(RCR)基本コース(必須)」を受講し、旧システム「CITI Japan」又はAPRINのシステムにより発行された受講修了証を提出した者。
  • 上記教材を受講した際に実施されたテストにおいて80点未満となった単元があり、その単元を改めて受講し、80点以上となった者。
  • 日本学術振興会研究倫理eラーニング「eL CoRE」を受講し、システムにより発行された受講修了証を提出した者。
  • 「科学の健全な発展のために」を通読し、前任地の所属長等からその証明を受けた証明書を提出した者。

各部局の担当窓口と受講手順

研究倫理教育に関する各部局の担当窓口と受講手順についてはこちらをご覧ください。(学内専用)