このページの本文へ移動
新潟大学への留学

授業料

入学料・授業料・各種納付金等

授業料・入学金及び検定料

新潟大学の2021年度授業料等は以下のとおりです。
ただし,在学中に,授業料の改定が行われた場合は,改定時から新授業料が適用されます。

なお,奨学金については,別途掲載されていますので,こちらをご確認ください。

区分 授業料(円) 入学料(円) 検定料(円)
正規生(学部) 年額 535,800 282,000 17,000
正規生(大学院) 年額 535,800 282,000 30,000
研究生 月額 29,700 84,600 9,800
特別聴講学生 1単位 14,800
特別研究学生 月額 29,700

授業料納入方法についてはこちらをご覧ください。ただし,新潟大学と授業料不徴収協定を締結している大学に在籍している学生で,「授業料不徴収」の対象学生として推薦された者からは,授業料を徴収しません。

授業料免除及び徴収猶予制度

授業料免除制度

新潟大学の学生(科目等履修生又は研究生を除く。以下同じ。)で,授業料の納付が困難な者について,授業料を免除する制度があります。

下記のいずれかに該当し,各期ごとに願い出た者について,選考の上,決定されます。

  1. 経済的理由により納付が困難であり,かつ,学業優秀と認められる場合
  2. 授業料の当該期の納期前6か月以内(新入学者に対する入学した日の属する期分の免除に係る場合は,入学前1年以内)又は 納期中に,学生の学資を主として負担している者(以下「学資負担者」という。)が死亡し,又は学生若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け,納付が著しく困難であると認められる場合
  3. 上記に準ずる場合であって,学長が相当と認める事由がある場合

授業料徴収猶予制度(延納)

新潟大学の学生(科目等履修生又は研究生を除く。以下同じ。)で,授業料の納付が困難な者について,授業料の徴収を猶予する制度があります。下記のいずれかに該当し,各期ごとに願い出た者について,選考の上,決定されます。

  1. 経済的理由により納付期限までに納付が困難であり,かつ,学業優秀と認められる場合
  2. 学生若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け,納付が困難であると認められる場合
  3. 行方不明の場合
  4. その他やむを得ない事情があると認められる場合

授業料の徴収猶予の期間は,前期分については9月15日まで,後期分については3月10日までとする。授業料を納付すると授業料の免除又は徴収猶予の対象にはなりませんので,注意してください。

ただし,授業料納入後,風水害等の災害により被害を受けた等の特別な事情がある場合は対象となることがあります。

2020年度 授業料免除実績(正規学生)

※下の表中の( )内は留学生の数を指す

  出願者数 全額免除 半額免除 免除者
合計
免除者の
対学生比
前期 1,543
(209)
756
(4)
562
(192)
1,318
(196)
10.8%
後期 1,386
(200)
497
(2)
741
(190)
1,238
(192)
10.1%
合計 2,929
(409)
1,253
(6)
1,303
(382)
2,556
(388)

(参考)
 2020年5月1日現在の正規学生数:12,199人
 2020年5月1日現在の正規留学生数:353人

2020年度 留学生の奨学金等受給状況 (月額30,000円以上)

区分 人数
国費 69
国際協力機構(JICA) 32
外国政府派遣 27
学習奨励費 31
その他奨学金 28

(参考)
 2020年5月1日現在の正規留学生数:353人