このページの本文へ移動

奨学金

1 奨学金の種類

学務部学生支援課 奨学支援係
TEL 025-262-7337

  1. 質問:奨学金にはどのようなものがありますか。
    • 回答:日本学生支援機構の奨学金と地方自治体,民間の育英奨学団体等の奨学金があります。
      また,新潟大学独自の奨学金制度として,学業等優秀者奨学金制度(学部学生を対象)や修学支援貸与金制度,家計急変者を対象とした修学応援特別奨学金制度等があります。
  2. 質問:地方自治体,企業等の奨学金と日本学生支援機構の奨学金とを重複して受けられますか。
    • 回答:日本学生支援機構は奨学金の重複を認めていますが,地方自治体,民間の育英奨学団体等の奨学金は認めていないところがありますので,よく確認してください。
  3. 質問:外国人留学生向けの奨学金には,どのようなものがありますか。
    • 回答:外国人留学生に係る奨学金については,研究支援部国際課(025-262-7627)で担当しています。こちらに照会してください。

2 日本学生支援機構奨学金

2-1 種別と内容

学務部学生支援課 奨学支援係
TEL 025-262-7337

  1. 質問:貸与種別にはどのようなものがありますか。
    • 回答:「第一種奨学金」(無利子)と「第二種奨学金)」(有利子)があります。新入生は,これらの奨学金に「入学時特別増額貸与奨学金」を加えることもできます。
      また,留学する人向けに「第二種奨学金(短期留学)」と「第二種奨学金(海外)」があります。
  2. 質問:「第一種奨学金」とは,どのようなものですか。
    • 回答:「第一種奨学金」は,無利子で貸与されます。
      貸与金額は,入学年度によって異なります。

      • 例)平成23年度入学
        学部自宅通学 30,000円又は45,000円
        自宅外通学 30,000円又は51,000円
        大学院修士課程 50,000円又は88,000円
        博士課程 80,000円又は122,000円
        専門職学位課程 50,000円又は88,000円
      • 学部・大学院
        自宅通学 45,000円
        自宅外通学 51,000円
        修士・博士前期 88,000円
        博士後期・医・歯 122,000円
        専門職学位課程 88,000円
  3. 質問:「第二種奨学金」とは,どのようなものですか。
    • 回答:「第二種奨学金」は,年利率3%以内の利子が付きます。ただし,貸与期間中(在学期間中)は無利子です。
      貸与金額は,学部生は3万円,5万円,8万円,10万円,12万円から,大学院生は5万円,8万円,10万円,13万円,15万円から選択できます。さらに実務法学研究科学生は,15万を選択した場合,4万円又は7万円の増額貸与を受けることができます。
  4. 質問:「第二種奨学金」の返還利率は,どのくらいですか。
    • 回答:利率の算定方法は,利率固定方式と利率見直し方式の2種類があります。利率固定方式は,貸与終了時から返還完了まで利率は変動しませんが,利率見直し方式は,貸与終了時から返還完了まで概ね5年ごとに利率が見直され,市場金利の変動状況により,利率が上下します。
      なお,どちらの算定方法でも,利率の上限は3%です。
  5. 質問:「併用貸与」とは,どのようなものですか。
    • 回答:「第一種奨学金」と併せて「第二種奨学金」の貸与を受けるものです。
  6. 質問:「入学時特別増額貸与奨学金」とは,どのようなものですか。
    • 回答:1年次学生(編入学生の入学年次を含む。)において,入学年月又は日本学生支援機構が定めた年月を始期として奨学金を受ける者で,増額を希望する者に対し,10~50万円の範囲で貸与する制度です。
      なお,「入学時特別増額貸与奨学金」だけを受けることはできません。
  7. 質問:「第二種奨学金(短期留学)」とは,どのようなものですか。
    • 回答:本学に在籍しながら3ヶ月以上1年以下の期間で海外の大学に留学する場合に貸与を受けられる奨学金です。
      留学開始時期ごとに申込期限が決まっていますので,掲示等に注意してください。
  8. 質問:「第二種奨学金(海外)」とは,どのようなものですか。
    • 回答:本学卒業後に学位取得を目的として海外の大学院に留学する場合に貸与を受けられる奨学金です。
      申込期限が早くなっていますので,掲示に注意してください。

2-2 申込

学務部学生支援課 奨学支援係
TEL 025-262-7337

  1. 質問:奨学金を受けたいのですが申請はどのようにしますか。
    • 回答:まず,毎年4月上旬に開催する募集説明会に出席してください。
      説明会の案内は,各学部・研究科の掲示板及び学務情報システムの連絡通知(新入生に係る日程は,入学手続案内冊子)で行いますので,確認してください。
  2. 質問:奨学金は申請者全員が受けられるのでしょうか。
    • 回答:家計・学力・人物等について審査し,奨学生としての適格者を日本学生支援機構に推薦します。
      適格者であっても推薦枠の関係で推薦できない場合があります。
  3. 質問:奨学金の採用の種類には,どのようなものがありますか。
    • 回答:予約採用,定期採用,緊急採用,応急採用があります。
      定期採用は4月に,緊急・応急採用は随時受付ています。
  4. 質問:予約採用とはどのようなものですか。
    • 回答:予約採用とは,高校在学時に応募し採用になった者が,大学に入学し所定の手続きをすれば貸与が受けられるものです。大学院進学の場合も予約採用制度のある研究科があります。
  5. 質問:緊急採用とはどのようなものですか。
    • 回答:緊急採用とは,家計支持者が死亡,解雇等により家計が急変した者に対して1年間貸与されるものです。(第一種奨学金・無利子)
  6. 質問:応急採用とはどのようなものですか。
    • 回答:応急採用とは,家計支持者が死亡,解雇等により家計が急変した者に対して卒業するまで貸与されるものです。(第二種奨学金(利子付))
  7. 質問:短大で2年間,日本学生支援機構の奨学金を受け,本学に編入学しましたが奨学金の貸与を受けられますか。
    • 回答:「第一種奨学金」を希望する場合は,継続貸与が受けられませんので,4月上旬に開催する募集説明会に出席の上,新規に申し込んでください。
      「第二種奨学金」を希望する場合は,継続貸与が可能ですので,学務部学生支援課に申し出てください。短大や高専で受けていた奨学金の種類が第一種であっても,第二種奨学金に変更し継続することができます。
  8. 質問:高専で5年間,日本学生支援機構の奨学金を借りていました。本学に編入学しますが奨学金の貸与を受けられますか。
    • 回答:7に同じ
  9. 質問:他大学の大学院博士課程で1年間奨学金を借りていました。本学の大学院博士課程に入学しますが奨学金の貸与を受けられますか。
    • 回答:「第一種奨学金」は,同じ学種において,貸与を受けていない期間(未貸与期間)については,申し込み資格があります。(3年間の博士課程の場合は,残りの2年間は貸与をうけることができます。)
      「第二種奨学金」は,特に制限はありません。
  10. 質問:以前に大学院修士課程で奨学金を受けていましたが,博士課程の学生として,奨学金を受けられますか。
    • 回答:博士課程では新規として取り扱われますので,再度の申請が必要です。
  11. 質問:奨学金を申請する時,保証人は必要ですか。
    • 回答:奨学金の保証制度は,「人的保証制度」と「機関保証制度」の2つがあり,どちらか一方を選択しなければなりません。
      「人的保証制度」を選択した場合は,連帯保証人(父又は母)及び保証人(4親等以内の親族で,学生本人及び父母と別生計かつ65歳未満の人)が必要です。
      「機関保証制度」を選択した場合は,保証人は必要ありませんが,保証機関(日本国際教育支援協会)が保証するため,月々の奨学金から天引きで保証料を支払う必要があります。なお,保証料を支払ったからといって返還をしなくともよいわけではなく,返還の義務は人的保証制度選択者と同様に発生します。

2-3 申込基準

学務部学生支援課 奨学支援係
TEL 025-262-7337

  1. 質問:学部1年次学生の場合の成績基準はどのようになっていますか。
    • 回答:「第一種奨学金」は,高校成績の評定平均値が3.5以上であることが必要です。
  2. 質問:学部2年次以上学生の成績基準はどのようになっていますか。
    • 回答:「第一種奨学金」は,標準修得単位数(学部により異なります。)以上を取得し,かつ,その評価の良以上の割合が,75%以上の者。
      「第二種奨学金」は,標準修得単位数の3分の2以上を取得している者。
  3. 質問:所得制限はあるのですか。
    • 回答:奨学金の種類により所得制限が異なります。(家庭状況(家族人数)等により所得制限が変動します。)
  4. 質問:人物についての基準等はありますか。
    • 回答:日本学生支援機構の基準では,次のようになっています。
      • (大学)
        学習活動その他生活の全般を通じて態度・行動学生にふさわしく,将来良識ある社会人として活動できる見込みがあること。
      • (大学院)
        大学及び大学院の学生生活における行動の全般を通じて,意志が固く,責任感が強く,中正妥当な性格で,特に研究心が旺盛なこと。

2-4 採用

学務部学生支援課 奨学支援係
TEL 025-262-7337

  1. 質問:奨学生に採用された場合は手続きがありますか。
    • 回答採用された場合は,「日本学生支援機構奨学金奨学生証」と「奨学生のしおり」を配付します。
      なお,平成22年度採用者から,採用時に返還誓約書を提出することとなりました。詳細については,採用時に配付する書類に記載します。
      また,採用者ガイダンスを開催しますので,必ず出席してください。
  2. 質問:奨学金はいつから振り込まれますか。
    • 回答:学部の予約採用者は5月,2年次以上は6月,1年次は7月。大学院の予約は5月,それ以外は6月。緊急・応急採用は採用決定後振り込まれます。

2-5 在学中の手続・身分異動・貸与種別の変更等

学務部学生支援課 奨学支援係
TEL 025-262-7337

  1. 質問:「奨学金継続願」とはなんですか。
    • 回答:「奨学金継続願」とは,奨学生に対して奨学金の継続の意思を確認するものであり,毎年度インターネット入力を行い,日本学生支援機構に提出しなければなりません。
      毎年12月頃に継続願入力に必要な書類を配布しますので,必ず受領してください。
      未入力者は,4月以降の奨学生の資格を失います。
  2. 質問:奨学金振り込み口座の変更はできますか。
    • 回答:口座の変更はできます。学務部学生支援課の窓口へ申し出て口座変更届を提出してください。
      なお,新しい口座に振り込まれたのを確認してから,古い口座は解約してください。
  3. 質問:奨学金を辞退する時に手続きが必要ですか。
    • 回答:学務部学生支援課に申し出て,辞退の異動届を提出してください。
      平成21年度以前採用者は,後日返還誓約書を提出していただきます。
      平成22年度以降採用者は,リレー口座加入手続をしていただきます。
  4. 質問:奨学金を受給していますが留学する時に手続きが必要ですか。
    • 回答:留学する時は,学務部学生支援課の窓口へ申し出て手続きが必要です。
      留学経費の種別により手続きが異なります。
  5. 質問:休学する時に手続きが必要ですか。
    • 回答:学務部学生支援課に申し出て,休止の異動届を提出してください。 休学期間中は,奨学金を休止します。
  6. 質問:復学する時に手続きが必要ですか。
    • 回答:奨学金を復活させるには,学務部学生支援課へ「異動届」を提出してください。
  7. 質問:卒業の予定でしたが留年しました。手続きは何かありますか。
    • 回答:在学中の返還猶予を希望する場合は,4月中に学務部学生支援課に在学届を提出することで,1年間返還が猶予されます。
  8. 質問:停止とはどのようなものですか。
    • 回答:原級にとどまった者,卒業延期のおそれがある者又は修得単位数がきわめて少ない者のうち,成業の見込みがある者に対し,奨学金の支給を停止することです。
  9. 質問:奨学金は転学部(科)した時は引き続き貸与されますか。
    • 回答:学務部学生支援課に申し出て,「転学部(科)届」を提出してください。
      第一種,第二種ともに継続して貸与を受けることができますが,同一年次を重複履修する場合は,卒業予定期と奨学金の満期予定期が異なる場合があります。
  10. 質問:奨学金は他の大学に転学した場合でも,引き続き貸与されますか。
    • 回答:学務部学生支援課に申し出てください。
      転出及び転入校長が承認した場合は,転学後も奨学金の貸与を受けられます。
  11. 質問:現在「第二種奨学金」に採用されていますが,第一種へ移行することができますか。毎年4月に開催する募集説明会に出席してください。
    • 回答:「第一種奨学金」への移行として再度申込み,採用されれば移行することができます。

2-6 返還

学務部学生支援課 奨学支援係
TEL 025-262-7337

  1. 質問:奨学金は返還の義務はありますか。
    • 回答:全員返還の義務があります。
      奨学金の返還を延滞した場合には,日本学生支援機構が回収を委託した債権回収会社がから延滞者本人,連帯保証人及び保証人に対し,奨学金返還の督促を行います。機関保証選択者は,保証機関から奨学金返還の督促を行います。
      なお,平成16年4月以降採用者で,大学院において「第一種奨学金」の貸与を受けた学生であって,在学中に特に優れた業績をあげた者として日本学生支援機構が認定した者には,貸与終了時に全額又は一部の返還が免除される制度があります。貸与が終了する年度の12月頃に各研究科学務係から手続の案内を行いますので,希望者は研究科の指示に従ってください。
  2. 質問:返還誓約書の提出は必要ですか。
    • 回答:全員が,返還誓約書を必ず提出しなければなりません。
  3. 質問:返還の仕方はどうすればいいですか。
    • 回答:返還誓約書提出時に,返還方法を「月賦」又は「月賦・半年賦の併用」を選択し,金融機関の口座から引き落としになります。

2-7 前在学校で奨学金を受けていた者の手続

学務部学生支援課 奨学支援係
TEL 025-262-7337

  1. 質問:高校の時に日本学生支援機構の奨学金を借りていましたが大学に入学して何か手続きが必要ですか。
    • 回答:奨学金の返還猶予を受ける者は,在学届を学務部学生支援課に提出してください。
  2. 質問:学部生のときに日本学生支援機構の奨学金を借りていましたが大学院に入学しました。何か手続きは必要ですか。
    • 回答:奨学金の返還猶予を受ける者は,在学届を学務部学生支援課に提出してください。

3 地方公共団体,民間の育英奨学団体等

学務部学生支援課 奨学支援係
TEL 025-262-7337

  1. 質問:地方公共団体,民間の育英奨学団体等の奨学金の募集の時期は,いつ頃ですか。
    • 回答:受付時期は,3月~6月頃です。詳細は掲示により周知します。早いものでは3月以前に募集を行うものもあります。
  2. 質問:新入生ですが,地方公共団体,民間の育英奨学団体等の奨学金にも出願できますか。
    • 回答:出願できます。詳細は掲示により周知しますので,確認してください。
  3. 質問:貸与のものではなく,給与の奨学金はありますか。
    • 回答:給与型の奨学金はありますが,募集件数は多くありません。掲示で確認してください。
  4. 質問:上記の奨学金の募集の受付は,大学で行いますか。
    • 回答:大学がとりまとめるものと市町村等に直接提出するものがあります。掲示や学生支援課窓口で確認してください。

4 新潟大学独自の奨学金等

4-1 新潟大学学業成績優秀者奨学金

学務部学生支援課 奨学支援係
TEL 025-262-7337

  1. 質問:この奨学金の対象は,誰が対象となっていますか。
    • 回答:2年次以上の学部学生を対象としています。学部1年次及び大学院学生は対象となりません。
  2. 質問:外国人留学生も対象となりますか。
    • 回答:学部の正規生であれば,日本人,外国人の区別はありません。
  3. 質問:学生(本人)が応募できますか。
    • 回答:学内規定に基づき,学部長が推薦することとなっています。応募制ではありません。
  4. 質問:どのような成績の人が推薦されますか。
    • 回答:第2年次以上の学生のうち,前年度に取得した単位数の合計が修業年限内に卒業するために必要な標準修得単位数以上の者で,かつ,前年度の成績評価においてGPAの値(GPAを採用していない学部は,「優」以上の割合)が在籍する学部の上位である者,各学部各年次(医学部にあっては,各学科)から3人。
  5. 質問:奨学金の授与者は,いつ頃決定しますか。また,奨学金の額や返還の義務はありますか。
    • 回答:毎年4月中旬に各学部長から推薦があり,4月の下旬に学長による選考を行い決定します。
      決定後は,4月下旬に奨学金授与式が行われ,学長から賞状と奨学金(目録)が手渡されます。
      奨学金の額は,毎年度学長が決定することとなっていますが,平成22年度の奨学金は年額10万円でした。
      なお,返還の義務はありません。

4-2 新潟大学修学支援貸与金

学務部学生支援課 奨学支援係
TEL 025-262-7337

  1. 質問:この貸与金の対象は,どの範囲ですか。
    • 回答:学部学生及び大学院学生を対象としています。
      ただし,研究生,科目等履修生等の非正規生は対象となりません。
  2. 質問:外国人留学生も対象となりますか。
    • 回答:正規生であれば,日本人,外国人の区別はありません。
  3. 質問:どのような制度ですか。
    • 回答:家計事情等の理由により,一時的に必要となる学資(学会参加旅費,書籍代,教材費,授業料など)の支弁が困難な学生に対して修学支援金を貸与し,学生の学修環境の確保を支援することを目的としています。
  4. 質問:どのぐらいの額が貸与されますか。
    • 回答:貸与金の額は,一時金として,5万円,6万円,7万円,8万円,9万円又は10万円のうちから申請者が選択することとなります。
      貸与金は,無利子の貸与とします。
  5. 質問:どのように返還すればよいのですか。
    • 回答:貸与を受けた日から2年以内に完了しなければなりません。ただし,返還を完了しなければならない日が,卒業(修了)する日を超えるときは,卒業(修了)する日までに返還を完了しなければなりません。
  6. 質問:応募期間はいつ頃ですか。
    • 回答:4月中旬及び10月上旬の2回募集のほか,風水害等の被災や学資負担者の失業又は死亡があった場合は,随時受け付けます。
      各学部等に応募の掲示や新潟大学のホームページ等に応募要領を掲載しています。