このページの本文へ移動

新潟大学大学院博士課程奨学金制度≪博士課程進学者選考対象≫

令和2年度 新潟大学大学院博士課程奨学金募集要項(第2次募集)

(1)目的

本奨学金は,新潟大学大学院(以下「本学」という。)の修士課程,博士前期課程又は専門職学位課程(以下「修士課程」という。)を修了後,引き続き博士後期課程又は医学・歯学の博士課程(以下「博士課程」という。)に進学する意欲がありながら,経済的理由により進学を断念せざるを得ない学業成績が優秀な学生に対して,博士課程の進学時に必要となる学資の一部を奨学金として給付することにより,当該学生の博士課程への進学意欲を促進させ,もって若手研究者を養成することを目的とする。

(2)申請資格

奨学金の給付を申請できる者は,本学修士課程に在学する学生で,次の各号のいずれにも該当するものとする。

  1. 令和元年度に各研究科において最初に実施する博士課程進学者選考に出願する者
  2. 令和2年4月に博士課程に進学することを確約できる者
  3. 修士課程在学中に懲戒処分を受けていない者
  4. 本人及び配偶者(配偶者は定職収入がある場合のみ)の平成30年分の収入金額が340万円以下の者。なお,配偶者が給与所得者の場合は,配偶者のみ給与所得控除をしたうえで,本人の収入金額と合算する。

(3)採用者数

1人

(4)奨学金

30万円(一時金)

(5)申請書類

  1. 新潟大学大学院博士課程奨学金申請書類等チェックリスト[様式1](PDF:117KB)
  2. 新潟大学大学院博士課程奨学金申請書[様式2] PDF版(89KB) ・ WORD版(26KB)
  3. 新潟大学大学院博士課程奨学金推薦書[様式3] PDF版(63KB) ・ WORD版(26KB)
  4. 収入計算書[様式4] PDF版(355KB) ・ EXCEL版(167KB)
  5. 所得証明書
  6. その他収入に関する証明書類(該当する場合のみ)
  7. 返信用封筒
    (長型3号の封筒に申請者の郵便番号,住所,氏名を明記してください。切手は貼付不要です。)

<様式1~4をダウンロードし,提出してください。>
※様式2は,必ず両面印刷で作成してください。

(6)提出先・期間

・令和2年2月17日(月)~令和2年2月19日(水)
受付時間 9:00~12:00 13:30~16:30
【五十嵐地区学生】:学務部学生支援課奨学支援係(総合教育研究棟A棟1階1番窓口)
【旭町地区学生】:各所属学務係

(7)奨学金受給内定者等の選考

  1. 申請書類等により,総合的に審査し,受給内定者,受給内定候補者を決定します。選考結果は,令和2年3月下旬頃に,申請者全員に対し文書にてお知らせします。
  2. 受給内定者,受給内定候補者の定義は以下のとおりです。
    受給内定者 進学者選考に合格し令和2年4月に進学することで,奨学金を受給することが出来ます。ただし,日本学術振興会特別研究員,国費外国人留学生,外国政府派遣留学生に採用された場合は,奨学金を受給することは出来ません。
    受給内定候補者 上記の受給内定者の合否等によって欠員が生じた場合に,奨学金を受給出来ることがあります。

(8)奨学金の給付

令和2年4月に奨学金振込依頼書の指定口座に奨学金を振り込みます。
ただし,国費及び外国政府派遣に申請中の留学生については,採用の有無を確認の上,令和2年6月に奨学金を振り込む予定です。

(9)奨学金の返還

次の各号のいずれかに該当する場合は,受給した奨学金を返還することとなります。
(1) 令和2年度内に退学したとき,又は除籍されたとき。
(2) 令和2年度内に懲戒処分を受けたとき。
(3) 申請書類等の記載内容に虚偽の事実が判明したとき。
(4) その他奨学生として適当でないと判断される事実があったとき。

(10)個人情報の取扱い

本奨学金の申請に当たってお知らせいただいた氏名,住所その他の個人情報については,①奨学金採用者の選考・決定,②奨学金制度における調査・研究,分析及び③これらに付随する業務を行うためのみに利用します。

(11)その他注意事項

  1. 本奨学金の申請や選考は,進学選考の合否に影響しません。
  2. 本奨学金の申請において提出した書類は,返却しません。

お問い合わせ先

新潟市西区五十嵐2の町8050番地
学務部学生支援課奨学支援係
Tel: 025-262-7337,6089