このページの本文へ移動

研究活動の不正行為に関する告発窓口

1 研究活動の不正行為に関する告発窓口

新潟大学(以下「本学」という。)では、「研究活動の不正行為に関する告発」を受け付ける窓口を設置しています。
告発の受付窓口は監査室です。

2 研究活動の不正行為とは

研究成果の発表又はその取りまとめの過程において行われた研究データ、調査データその他研究結果の捏造、改ざん及び盗用並びにその行為の証拠隠滅又は立証妨害(追試又は再現を行うために不可欠な実験記録等の資料の隠蔽、廃棄等を含む。)をいいます。

※「捏造」: 存在しないデータ、研究結果等を作成すること。
※「改ざん」: 研究資料・機器・過程を変更する操作を行い、データ、研究活動によって得られた結果等を真正でないものに加工すること。
※「盗用」: 他の研究者のアイデア、分析・解析方法、データ、研究結果、論文又は用語を、当該研究者の了解若しくは適切な表示なく流用すること。

3 受付内容

本学の職員等に研究活動の不正行為が存在すると思料する方からの、告発を受け付けます。
その不正行為の様態等の告発内容等を明示し、かつ、不正行為とする科学的根拠を示していただくとともに、調査にあたって協力を求めることがあります。

4 告発者の保護等

告発者は、告発を行ったことを理由として、不利益な取扱いを受けることはありません。

5 告発の方法

文書、電子メール、ファクシミリ、電話又は面会の方法で受付けます。告発にあたっては、告発の事実について十分な調査を行うため、原則として実名によることとしています。告発者からの情報を正確に把握し、迅速に対応するため、告発の際には告発に係る事実について具体的な内容をお知らせ下さい。

6 留意事項

告発が悪意に基づくものであることが判明した場合は、告発者の氏名の公表や懲戒処分、刑事告発等を行うことがあります。

様式による不正行為の告発

PDF版(68KB)
WORD版(44KB)

受付場所: 新潟大学監査室(事務局庁舎5階)
受付時間: 9:00~12:00、13:00~17:00(平日のみ)
郵送先: 〒950-2181 新潟市西区五十嵐2の町8050番地
新潟大学監査室(公益通報・相談窓口)
TEL: 025-262-6128
FAX: 025-262-7501
E-mail: kaizen@adm.niigata-u.ac.jp

電子メールによる告発

下記をクリックすると自動でメーラーが立ち上がります。テキスト欄に下記の項目をコピー&ペーストしていただき、内容を入力のうえ送信してください。
※なお、G-mail等のwebメールをご使用の場合は、上記の様式をご使用いただき添付ファイルにて送信してください。

電子メールにより告発する

【連絡用項目】

■告発者(原則、実名のご記入をお願いします)
氏名=
所属=
連絡先=■告発内容(告発後の調査が実施できるような具体的な内容を記入)
□告発対象者
氏名=
職名=
所属=
□告発対象事実は=生じている・生じようといる・その他(     )
□不正行為の種類=捏造・改ざん・盗用・その他(      )
□不正行為の内容(わかる範囲で)
いつ(頃)=
どこで=
何を=
どのように=
何のために=
なぜ生じたか=
不正行為とする科学的根拠=
告発対象事実を知った経緯=

■証拠となるものの有無=有・無・その他(     )

■対象資金(わかる範囲で)
助成機関名=
資金名称=
課題名=
番号=

■告発の受理・調査結果等の通知連絡先
電話=
FAX=
電子メール=
郵送の場合の住所=
その他=

7 学内規定