このページの本文へ移動
  1. ホーム
  2. 大学案内
  3. 寄附・サポート
  4. 新潟大学研究等支援基金
寄附・サポート

新潟大学研究等支援基金

    

新潟大学研究等支援基金の概要

目的

学生又は不安定な雇用状態にある研究者への研究等を支援する事業を行います。(寄附目的の指定は出来ません。)

税法上の優遇措置

  • 個人:税額控除所得控除を寄附者が選択
  • 法人:全額損金に算入可能

 詳細は以下をご覧ください。
  ・税法上の優遇措置(PDF:1.16MB)
  ・市町村民税等控除申請書(PDF:87.6KB)

支援事業

  • 新潟大学フェローシップ事業(科学技術イノベーション創出に向けた大学フェローシップ創設事業)
  • 未来のライフ・イノベーションを創出するフロントランナー育成プロジェクト(次世代研究者挑戦的研究プログラム)

新着情報

支援事業の概要

新潟大学フェローシップ支援

目的

博士後期課程学生が研究に専念できるよう、研究専念支援金(生活費相当額)と研究費からなるフェローシップの支給とキャリアパス支援へ向けた取組を支援するものです。本事業では、令和3年度より新潟大学フェローシップ制度を開設し、優秀な博士後期課程(医歯学分野では博士課程)学生(毎年度14人を採用)に対し、フェローシップを支給するとともに、博士人材としてアカデミア・産業界双方を見据えた多様なキャリアパスが選択できるような育成プログラムを提供していきます。

内容

1. 研究専念支援金の支給及び研究費の支給。
 (1) 研究専念支援金(生活費相当額)月額15万円を2ヶ月毎に支給
 (2) 研究費 年額20万円
2. メンターによるアカデミアまたは産業界へのキャリア形成に関する助言や提言。
3. PhDリクルート室によるジェネリックスキル獲得のためのセミナー等コンテンツの提供。
※新潟大学研究等支援基金では(2)研究費のみの支援となります。

詳しくはこちら(新潟大学PhDリクルート室WEBサイト)をご覧ください。

未来のライフ・イノベーションを創出するフロントランナー育成プロジェクト

目的

新潟大学は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が公募した「次世代研究者挑戦的研究プログラム ~博士後期課程学生の挑戦を支援する~」に採択されました。
本プログラムは、新たに大学の研究科や研究室など既存の枠組みを越えて優秀な博士後期課程学生の選抜等を行う事業統括を選定し、そのリーダーシップのもと、当該博士後期課程学生に対する様々な支援を実施・展開する大学の取組を国として支援するものです。
これを受けて、新潟大学では「未来のライフ・イノベーションを創出するフロントランナー育成プロジェクト」を開始し、博士後期課程の全研究科(医学、歯学系の4年制の博士課程を含む)を対象に優秀な学生を選抜し、経済的支援・研究費支援を行うとともに、様々なキャリアパス支援に向けた取り組みを行っていきます。これにより、多様な分野でイノベーションを創出する博士人材を育成することを目指します。

内容

1.生活費相当額の支給及び研究費の支給
 (1)生活費相当額月15 万円を2ヶ月毎に支給
 (2)研究費 年額 40 万円とする。取り組み内容によって研究費を増額することがある。
2.メンターによる研究環境支援及びアカデミアまたは産業界へのキャリア形成に関する助言や提言。
3.PhDリクルート室によるジェネリックスキル獲得のためのセミナー等コンテンツの提供。
※新潟大学研究等支援基金では(2)研究費のみの支援となります。

詳しくはこちら(新潟大学PhDリクルート室WEBサイト)をご覧ください。

新潟大学フェローシップ支援事業、未来のライフ・イノベーションを創出するフロントランナー育成プロジェクト(PDF:600KB)


新潟大学基金パンフレット(PDF:1.6MB)

お問い合わせ先

新潟大学サポーター連携推進室
電話番号:025-262-5651, 6010 ,6356(土日祝日を除く9:00~17:00)
FAX: 025-262-7796
E-mail: kikinjimu@adm.niigata-u.ac.jp