このページの本文へ移動

環東アジア研究センター

環東アジア地域に関連した研究の融合の場を醸成

環東アジア研究センターは、新潟大学が東アジアとそれを取り巻く地域(環東アジア地域)の発展と平和に寄与する学術研究機関として機能するため、環東アジア地域の社会的ニーズに直結し、近未来の社会の構築に資する融合的研究活動を行うとともに、かかる研究活動に密接に関連する、人材育成への支援及び広報活動を行うことを目的とする。  

主な研究テーマ

それぞれの研究テーマに共通する視点

東アジアの人的流動性に見る地域的特性から、将来の境界横断的社会を展望する。

グローバリゼーションの諸相と共生

「越境」して展開する地域企業の合弁、取引、連携営業が、ますます巨大化していく東アジアマーケットをどのように形成し、導いていくか研究する。

文化の継承と交流

各国の社会文化の歴史的形成過程を人的流動性に注目しつつ研究するとともに、東アジアの共有文化・総合産業に成長しているアニメ文化のインパクトを分析する。

アジア中央部からユーラシア全体に展開したグローバルな人的・物的・知的動態をモンゴル帝国を例に分析する。

 
シンガポールでのアニメ中間素材展の様子
 


モンゴル現地調査の様子

お問い合せ先

新潟大学環東アジア研究センター事務局(新潟大学人文社会科学系事務部内)
電話:025-262-6436

新潟大学環東アジア研究センターオリジナルサイト(準備中)