このページの本文へ移動

日本酒学センター

日本酒学センターロゴマーク
2017年5月、新潟県、新潟県酒造組合、新潟大学の3者は、日本酒に係る文化的・科学的な幅広い分野を網羅する学問分野「日本酒学」の構築について、国際的な拠点の形成とその発展に寄与することを目的として、連携協定を締結しました。この協定の目的を達成するため、2018年4月1日付で本学の研究推進機構に「新潟大学日本酒学センター」が設置され、広範な研究・教育分野(全学部)から教員が参加できるコア・ステーションとして活動を行ってきました。

2020年1月より、これらの取り組みを更に推し進めるため、日本酒学センターは新たに全学共同教育研究組織として生まれ変わりました。本センターの目的は、全学から日本酒に関わる教員が参加するのみではなく、新潟県および新潟県酒造組合からの協力を得て、3者の力を結集することで、日本酒に係る「教育、研究、情報発信、国際交流」に関する事業を展開することです。

日本酒学センターマーク
全学共同教育研究組織として生まれ変わった新潟大学日本酒学センター

教育

日本酒に関連する領域横断的な体系的理解を進め、座学のみならず、実習や演習を取り入れた主体的な問題解決型の学びを提供します。

日本酒学の授業の様子 日本酒学の授業の様子

研究

日本酒について、文化・歴史・米づくり・醸造・発酵・機能性・健康・経済・流通など様々な角度から研究を行います。

酒米の研究 日本酒についての研究

情報発信

新しい研究成果について学会発表・シンポジウム、また講演会や社会人向け講義を行い、日本酒に関する情報を共有し、社会へ発信していきます。

一般の方に向けての講演会や講義 一般の方に向けての講演会や講義

国際交流

Sakeologyの世界への普及をめざして、日本国内にとどまらず、他国との国際交流を積極的に進めていきます。

Sakeologyの世界への普及をめざして他国との国際交流
写真提供:© Hugues Bretheau – Université de Bordeaux
Sakeologyの世界への普及をめざして他国との国際交流

お問い合せ先

E-mail: info@sake.nu.niigata-u.ac.jp

日本酒学センターオリジナルサイト