このページの本文へ移動

農学部

養成する人材像

新潟大学農学部は、生命(いのち)の尊さを基本に、農業およびバイオ・食品関連産業の発展、持続的な食料生産と環境保全を目指し、幅広い基礎学力と応用力を育む教育と研究を行う。それにより、地域や社会が抱える諸問題を多角的視点から総合的に理解し、具体的な解決策を提言できる構想力、リーダーシップと高い倫理観をあわせ持ち、我が国のみならず、広く世界で活躍できる人材を養成する。さらに各主専攻プログラムにおいて、以下のような人材を養成する。

  • 応用生命科学プログラムでは、生命現象とその応用に関する高度な専門知識と実験技術を幅広く修得した、化学(医薬品,化粧品,化成品等)・食品・環境・農業・エネルギー等のバイオ関連分野の研究、技術開発、教育等で活躍できる人材を養成する。
  • 食品科学プログラムでは、食品の原材料、加工、栄養、機能性、安全性、マーケティング等に関する先端的で幅広い専門知識と技術を有し、食に関連する研究、技術・商品開発、教育等に携わる有能な人材を養成する。
  • 生物資源科学プログラムでは、バイオテクノロジーや環境に配慮した先進的技術を用いた動植物・食料資源の利活用を目指すとともに、地域の発展を世界的視野を持って考えられる人材を養成する。
  • 流域環境学プログラムでは、地域および地球規模での自然環境と調和した森林や流域の管理と、地域の農業生産基盤の創出・保全を通じて、人間生活を豊かにできる人材を養成する。
  • フィールド科学人材育成プログラム(分野横断型)では、生態学と災害科学の知識と技術を合わせ持ち、それらを統合して多様なフィールドでの実践活動に応用できる人材を養成する。

アドミッション・ポリシー

新潟大学農学部は、生命(いのち)の尊さを基本に、農業およびバイオ・食品関連産業の発展、持続的な食料生産と環境保全を目指し、幅広い基礎学力と応用力を育む教育を行っています。そのために、地域や社会が抱える諸問題を多角的視点から総合的に理解し、具体的な解決策を提言できる構想力、リーダーシップと高い倫理観をあわせ持ち、我が国のみならず、広く世界で活躍することに意欲のある学生を求めています。さらに各主専攻プログラムにおいて、以下のような学生を求めています。

  • 応用生命科学プログラム:化学と生物学を基盤とし、最新のバイオサイエンス・バイオテクノロジー・ゲノムサイエンス等、微生物・植物・動物の生命現象とその応用に関する高度な専門知識と実験技術の修得に強い関心のある人。
  • 食品科学プログラム:現代の食品に求められる栄養価、美味しさ、健康など多様な機能を理解できる化学や生物の基礎学力を持ち、食品成分の化学的基礎から、食品の開発、製造、販売まで食に関する幅広い分野に強い関心のある人。
  • 生物資源科学プログラム:動植物の遺伝子から個体を取り巻く環境までを理解し、生物資源の利活用におけるバイオテクノロジーや先進的技術の開発と応用に挑戦する意思を持ち、さらに国際的視点を持ちながら食料生産や農山村地域の持続的発展に強い関心のある人。
  • 流域環境学プログラム:河川上流の森林地帯から中山間地を経て下流の平野部に至る流域を対象とし、地域の自然環境と調和した持続的な農林業の生産活動に強い関心のある人。
  • フィールド科学人材育成プログラム(分野横断型):野生動植物の生態や保全、自然環境に配慮した防災・減災対策・災害復興、生態系や自然災害に関わりの深い環境の動態に関する知識や技術の修得と、多様なフィールドでの実践活動に強い関心のある人。