このページの本文へ移動

工学部

教育理念・目標

新潟大学工学部では、次のような素養を身につけた優秀な技術者・研究者を育成することを目標としています。

  • ものづくりをたいせつにする心
  • 豊かな創造力と柔軟な思考力
  • 自主性と高い倫理観に支えられた実践力

その実現のために、本学工学部では、工学の基礎をしっかりと学んだうえで、先端技術の開発に対応できる応用力を身につけることが可能な仕組みを準備しています。また、実践教育やキャリア教育を体験できる教育プログラムを設けているので、体験を通して自分の可能性を伸ばす業種を探すことができます。

教育内容・特色

一年次においては、工学教育への転換・導入教育を受けた後に、力学分野、情報電子分野、化学材料分野、建築分野あるいは融合領域分野の五つの分野に分かれて勉強します。このように工学全体を学んだうえで、二年次から主専攻プログラムに分かれて専門分野について学びます。
また、新潟大学工学部では、次のような質が高く特色ある教育を展開しています。

  • 自主的なものづくりプロジェクトを通じてものづくりの魅力や楽しさに触れ、「つくる力」と「学ぶ力」(この二つを合わせて「工学力」と呼んでいます)を習得するための教育を行っています。
  • 「知識の応用力」を効果的に身につけさせることを目的に、失敗を経験しながら新たな工学技術や研究開発へと導く教育を一年次から実施しています。
  • 企業等と連携した実践的工学キャリア教育を行っています。
  • 学生のチームが研究や技術開発に関する活動を行い、相互に啓発できる場「スマート・ドミトリー」プログラムを実施し、国際的に活躍できる秀でた学生「トップ・グラジュエイツ」を育成する教育を行っています。一年次から参加でき,高い研究能力が身につきます。
  • 従来の専門教育に加え、実践英語コース及び国際教養プログラムの提供や段階的海外留学の機会を設け、大学教育のグローバル化を推進しています。
  • 国際的に認定された教育プログラム(JABEE認定プログラム)や学部段階からの国際交流により、国際的に通用する高いレベルの学力が得られます。
  • 高等学校や高等専門学校等でのさまざまな履修形態に配慮しつつ、大学院と教育・研究に関して強い連携を図り、毎年、多数の卒業生が大学院に進学しています。また、主専攻プログラムごとの就職指導によって不況にも強い就職実績を上げています。

求める学生像

教育理念・目標にあげた三つの素養を身につけた技術者・研究者になりたいと思う皆さんの入学を歓迎します。具体的には、工学の基礎から先端技術に関する専門的知識の習得、及び多様な知識の習得を目指す意欲と行動力を持った人の入学を希望します。

入学者選抜の基本方針

一般入試(前期日程)

高等学校卒業レベルの基礎学力を有するとともに、専門分野に関連する科目への高い理解力と応用力を持つ学生の入学を希望します。
大学入試センター試験では、5教科7科目の試験を課し、高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。
個別学力検査では、数学、理科、英語を課し、工学分野を学ぶ上で特に重要な科目への理解力と応用力を評価します。

一般入試(後期日程)

高等学校卒業レベルの基礎学力を有するとともに、勉学意欲と工学分野への高い関心を持つ学生の入学を希望します。
大学入試センター試験では、5教科7科目の試験を課し、高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。
個別学力検査では、面接を行い、工学分野を学ぶ意欲と能力を評価します。

推薦入試Ⅰ

高校で学んだ専門分野の基礎知識(該当する出願要件で出願する志願者に限る)、大学における勉学に必要な基礎学力、思考力、勉学意欲、明確な志望動機及び主体性を持ち、各主専攻プログラムの工学分野への高い関心を有する学生の入学を希望します。
面接(志望する主専攻プログラムに応じて課す口頭試問を含む)及び出願書類を総合して、各主専攻プログラムの工学分野を学ぶ意欲と能力を評価します。

推薦入試Ⅱ

大学における勉学に必要な基礎学力、思考力、勉学意欲、明確な志望動機及び主体性を持ち、各主専攻プログラムの工学分野への高い関心を有する学生の入学を希望します。
面接(基礎学力に関する口頭試問は含まない)、大学入試センター試験(3教科3科目)の成績及び出願書類を総合して、各主専攻プログラムの工学分野を学ぶ意欲と能力を評価します。

総合型選抜入試(AO入試)

大学における勉学に必要な基礎学力、思考力、勉学意欲、明確な志望動機及び高等学校等内外での活動に係る主体性と表現力等を持ち、各主専攻プログラムの工学分野に関する基礎から先端技術にわたる専門的知識及び多様な知識の習得を目指す意欲と行動力を持った人や、社会の諸問題に対して興味・関心を持ち、工学分野の専門的知識を駆使してそれらの問題の解決策を考える意欲と行動力を持った人の入学を希望します。
出願書類、小論文及び面接(自己推薦書の内容に基づいたプレゼンテーション及び志望する主専攻プログラムに応じて課す口頭試問を含む)を総合して、各主専攻プログラムの工学分野を学ぶ意欲と能力を評価します。

【各主専攻プログラムの工学分野】
  • 機械システム工学プログラム:ロボティクス、ナノ・マイクロ工学、機械設計・材料・加工、エネルギー工学、医工学
  • 社会基盤工学プログラム:応用力学、水工学、地盤工学、コンクリート工学
  • 電子情報通信プログラム:電気エネルギー、電子デバイス、光エレクトロニクス、通信システム
  • 知能情報システムプログラム:コンピュータサイエンス、情報ネットワーク、マルチメディア、情報セキュリティ
  • 化学システム工学プログラム:化学、応用化学、化学工学、材料化学
  • 材料科学プログラム:エネルギー変換材料、超伝導・磁性材料、有機・無機材料、ハイブリッド材料、医療材料
  • 建築学プログラム:建築材料・構造学、建築環境工学、建築意匠・計画学、都市計画学、都市法学
  • 人間支援感性科学プログラム:生体医工学、支援技術(福祉工学)、デザイン工学、音楽・音響創造学、健康・スポーツ科学
  • 協創経営プログラム:技術経営、イノベーション・マネジメント、システム工学、総合工学