このページの本文へ移動

法学部

教育内容・特色

教育内容

教育理念として、以下のものを掲げています。

法化し、情報化、地域化、国際化する社会で活躍できる、法的素養を備えたジェネラリストを育成する。
「個人の尊厳」を尊重し、「高い人権意識」を身につけた人材を育成する。 歴史や文化、価値観の違いを理解し、地域社会や国際社会で活躍できる人材を育成する 。

以下のような教育内容・特色を有しています。

教育内容

  • 学生の進路志望に応じた、多様な法律系科目と政治系科目を用意しています。
  • 基礎教育・専門基礎教育・社会人準備教育という3段階の教育課程を設定し、専門性を深めていくための積み上げ型の教育を行っています。

特色

  • 多彩な演習授業の開講と双方向的・多方向的少人数教育の充実を図っています。
  • 現場主義を重視した教育、地域に根ざした教育を実施しています。
  • 自己表現・プレゼンテーション能力開発を重視しています。
  • 段階別教育目標の設定による入学から卒業までの一貫したカリキュラムを編成しています。
  • 「問題発見」、「課題解決」能力を養成するカリキュラム編成を行っています。
  • 基礎講義科目・基礎演習科目の開講による基礎能力の涵養を行っています。
  • 担任制・面談制によるきめ細かな指導を行っています。

求める学生像

  • 自分の可能性を発見し、才能を開花させ、よりよい社会の実現に貢献しようと志し、そのための努力を惜しまない、元気と意欲のある人を求めています。
  • 入学時に備えておくべき基礎学力としては、社会問題に対する興味関心とそれに関する広範な知識を持っていること、論理的な考え方を日本語及び外国語によって的確に相手に伝えられる基本的な能力を備えていることが望まれます。

入学者選抜の基本方針

一般入試(前期日程)

  • 高等学校卒業レベルの十分な基礎学力を有するとともに、論理的思考能力や読解能力に優れ、法化社会への移行に積極的に対応し、国際化、情報化、地域化する社会で活躍する人材を選抜します。
  • 大学入試センター試験では、高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力検査では、外国語、小論文を課し、法律学・政治学を学ぶ上で特に重要な論理的思考能力や読解能力、表現能力を評価します。

一般入試(後期日程)

  • 高等学校卒業レベルの十分な基礎学力を有するとともに、論理的思考能力や読解能力に優れ、法化社会への移行に積極的に対応し、国際化、情報化、地域化する社会で活躍する人材を選抜します。
  • 大学入試センター試験では、高等学校卒業レベルの基礎学力を評価します。個別学力検査では、小論文を課し、法律学・政治学を学ぶ上で特に重要な論理的思考能力や読解能力、表現能力を評価します。

推薦入試

  • 人格・学業ともに優れ、目的意識が明確で、法化社会への移行に強い関心を持つ勉学意欲旺盛な者を選抜します。
  • 調査書、推薦書、自己申告書及び面接を通して、新潟大学法学部の教育理念・目的をよく理解した上で、将来、国際社会及び地域社会に貢献 したいという意欲を持つ者であって、潜在的・顕在的に、現代社会の諸問題を公正かつ理論的に解決できる能力を有し、国際化・情報化に対応するコミュニケー ション能力及び総合的な視野に立った政策提案能力を有していると認められるものを評価します。